スポンサードリンク


TOEICは帰国子女でも油断はできない

TOEIC満点の友人

TOEICの満点というのは、ご存知じ990点ですが、私の友人でそのTOEIC満点を取った人がいます。

具体的には、私の高校の同級生なのですが、高校生の時に発音をネイティブのように発音することが恥ずかしい時期に、きれいに英語の発音をネイティブのように発音している人でした。

そして彼は高校卒業後にアメリカに留学し、大学院を卒業し、日系アメリカ人と結婚したのですが、彼はその後英語の勉強に余念がなく、英語を武器にして、英会話教室をスタートさせ、今でも大盛況のようです。

スポンサードリンク

そして、その状態で受けたTOEICが、なんと満点の990点だったということでした。

かなり尊敬ですね!

錆びついた英語力をTOEICで呼び覚ます

そして私自身TOEICに関しては、大学受験の時に勉強して以来、長らく遠ざかっていたのですが、
ある時、海外旅行に出かけて、自分が考えていた以上にリスニング力もトーキング力も低下していたことに愕然・・・。

そこで、何か目標を持って英語をしっかり勉強し直そうと一大決心し、始めたのがTOEICの勉強でした。

テスト勉強とはいえ、英語のスピードと発音のクセを学んで聴き取る力をつける訓練は実践的。

文法の勉強も、「きちんと意味が相手に伝わるような英語を話そう」と思えば、意味もなくやる勉強より、よほど身につきます。

そうして受験したTOEICでは、600点台から700点台までスコアがアップ。

目標の900点への道のりはまだまだ遠いですが、楽しい旅行を思い浮かべながら、余った時間を利用して、楽しく英語に親しむ毎日を送っています。

帰国子女でも油断はできない

ちなみに帰国子女でも油断はできません。

私の友人で、イギリスに6年住んで、帰国した後すぐにTOEICを受けに行ったんですが、
600点程度しか、取れ無かった人もいます。

ちなみにその人の名誉回復になるか分かりませんが、リスニングはほぼ満点で、リーディングにかなり足を引っ張られてしまったようです。

やはり学問としての英語はやっていなかったということですよね。

文章の穴あき問題は、全然に分からなかったそうです・・・。

なのでTOEICは、帰国子女でも油断はできませんね。

TOEICとTOEFL

海外へ就職されたいという方、もしくは海外の大学へ行きたいなどと思っている方は、世界単位で行われている英語の試験である、TOEICに目をつける方は少なくないはずです。

ですが、やはりTOEICよりも実用的でビジネス的な英語の多いTOEFLの点数を持っていた方が、
点数にかかわらず仕事面では重宝するという意見もあります。

ちなみにTOEICは990万点ですが、TOEFLは200点満点という所もちょっと分かりづらいですが(笑)、
自分の目的に合った方をしっかり選択したいものですね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

TOEICテスト非公式問題集至高の400問 [ ヒロ前田 ]
価格:2484円(税込、送料無料) (2016/7/31時点)

コメントは受け付けていません。