スポンサードリンク


快適になった飛行機の魅力

日本製の飛行機の復活が望まれる

日本の航空会社が使用しているジャンボジェット機などの飛行機は、現在は国産ではなくアメリカ製のものがほとんどです。

これは、第二次世界大戦で日本がアメリカに敗れた結果、アメリカが日本の航空機製造企業に対して、戦闘機と民間航空機の製造を禁止したことが原因です。

アメリカは日本の国力が復活しないようにと望んでいたのです。

しかし、近年のアメリカの日本の航空産業に対しては立場を変えてきています。

スポンサードリンク

民間の飛行機については、日本の航空機製造企業に対して、製造の復活を認めました。こ

れによって、いま三菱重工業が国産飛行機の製造を行って、試験飛行をする段階にまで至りました。

なので数年後、日本の航空会社は、三菱重工業からジャンボジェット機などの飛行機を購入するようになると思います。

専門ライセンス制の職種であるパイロット

そして飛行機を操縦するパイロットは、どの機種にでも操縦免許が所有できるものではなく、一般に小型機種から中型や大型機種への昇格以降訓練を受けなければなりません。

つまり、たとえば現在ボーイング737型の小型機の免許を所有していても、今度B767の中型機クラスを操縦するのであれば、訓練を経て試験にパスしなければいけないということですね。

また、仮にその試験にパスしてB767の操縦免許を獲得してとしても、その時にはB737は操縦することができない点が重要な点で、自動車免許のようにはいかないのです。

というのも、操縦できる機種は1機種に限定されるため、その他の機種は一切操縦する資格がなくなるわけです。

意外と知られていないことですが、これが航空業界共通の規則になっています。

快適になった飛行機の魅力

そして最近の飛行機は、技術の向上により非常に魅力のある機体となっていると思います。

最新の飛行機ボーイング787は、カーボンファイバー素材となっていて、主に日本企業が素材を供給しているので印象が良いです。

これまで以上に軽くなっていて、燃費などの環境性能も従来より20パーセント向上しているようですね。

また座席はとても座りやすくなっていて、座席正面にはタッチパネル式のモニタが付いていて、それが使いやすいです。

またトイレについては、ウォシュレット機能が付いていることや、トイレ内も広々としているので快適さを感じます。

その他にも、機内の音も静かになったのでリラックスして寝れるので嬉しいですね。

ANAの国内近距離の飛行機

そして私は、ANAのマイルを貯めているので、よくANAに乗ります。

ちなみに近距離ですと、ANAではボーイング社製の小型ジェット機ではなく、ボンパルディア社製のプロペラ付きの旅客機に乗ることもあります。

そして大概はタラップではなく、飛行機までバスで移動となります。

機内はいかにも質素でガランとしていて、初めて乗った時は座る座席の貧相さもあって、

「本当にこの飛行機で、無事到着することができるのだろうか・・・」

とさえも思ってしまいました・・・(笑)

ただ数回乗るうちに、この飛行機にも慣れ今では快適です。

いずれこの飛行機がMRJへと変わっていくんだなとも思いますね!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

空をとぶ飛行機 [ 飛田翔 ]
価格:950円(税込、送料無料) (2016/7/27時点)

コメントは受け付けていません。