スポンサードリンク


レーシックを実際に体験した結果

友人の旦那さんがレーシックを受けていた

レーシックについては知っていましたが、実際はどんな感じなのだろうと不思議に思っていました。

しかし前に、友人の家に遊びに行った時旦那さんがいたのでお話をしていたら、「レーシックを受けた」のだと言っていて驚きましたよ。

こんな身近に体験者がいたとは思いませんでした。

それに裸眼で過ごしていたから、目が悪いかもなんて想像もしていなかったので、レーシックを受けたと聞いて初めて視力が悪かったことを知りました。

スポンサードリンク

ちなみにレーシックを受けたのは、もう10年以上前になるそうで、手術前は両目0.1未満でしたが、今は1.5くらいあってとても快適だそうです。

また術後も、特に困ったことはないそうです。。

またその夫婦は地方に住んでいたので、旦那さんはわざわざ東京まで行って手術を受けてきたのですが(観光がてら)、ここ数年で、県内の眼科でもレーシック手術を行っている病院がいくつかできました。

わざわざ東京に行かなくてもいいし、何より手術後の通院もできて安心なので、私もレーシックを受けるなら県内の眼科で受けたいなと思いました。

値段は何十万かしますが、一生コンタクトをしなくて良いなら安いものですよね。

費用は30万円程度とのこと

ちなみに私は極度の近眼でして、両眼とも視力0.1未満の状況となっています。

このため、最近はかなり度数の強いメガネをかけています。

このような私と同類の近眼者にとって、抜本的な解決策として提示されている医療技術がレーシックですよね。

友人の旦那さんの話しを聞き、実際にレーシックを行っている眼科に行ってみたのですが、レーシックを受けると、当然メガネをかける必要がなくなり、裸眼の状態で視力が2.0近くまで復活とのことでした。

その眼科では、費用が30万円程度で済むとのことでした。

そして実際に体験

妻と相談して、なんとか費用は工面できそうでしたし、先ほどお話しした、レーシックをした友人の旦那さんも「とても良い」と勧めてくれたので、思い切ってレーシックをすることにしました!

ただ私は、実はかなりの臆病者もので、ピアスも開けらるのもかなり躊躇したくらいで、レーシックにもかなりの恐怖がありました。

実際行ったときも、横になったとたん、なぜか手を広げてしまったので、「リラックスしてください」と言われ、施術中はずっと口を開けっ放しで、閉じようと思ってもできませんでした。

焦げた匂いがしたときは、もう冷や汗ものでどうしようかと思いました・・・。

でも時間にしたらほんの10分程度です。

この10分の恐怖さえ乗り越えられれば、あとは快適な毎日が待っています。

というのも、コンタクトも眼鏡もかけずに、目が覚めてすぐに、視界がクリアになる素晴らしさは何ものにも代えがたいです。

今は「レーシックをやってよかった!」の一言に尽きますね。

コメントは受け付けていません。