スポンサードリンク


私のランドセルの思い出

カラフルなランドセルが選べて羨ましい

昔はランドセルの色は、男の子は黒色、女の子は赤色と決められていました。

本当はもっとカラフルな色のランドセルが欲しかったのですが、子供ですから決まりに従うしかなく、六年間背負い続けました。

それから何十年と時が経ち、今は男の子は黒女の子は赤という決まりは無くなり、カラフルな色のランドセルから子供が自由に選べるようになっています。

特に女の子はピンクだけではなくパープルや水色、ブラウン系やグリーンまで、それぞれ自分の好きな色を選んでいて、ランドセルで個性を出しているという感じです。

スポンサードリンク

デザインもプリンセスっぽい柄のものがあったりと、選ぶのが大変なくらいです。でも、こんなにいろいろな選択肢の中から選んだランドセルはきっと愛着がわくだろうなと思います。

街中で、そんなカラフルなランドセルを背負っている小学生たちを見ると、自分が今小学生だったらなとしみじみ思ってしまいますね。

ランドセルのために早めに動く

そんなランドセルは、小学校に入学前に準備しますよね。

今はイオンやニトリなどでも質がよいものを購入できますし、「天使のはね」や「ララちゃんランドセル」、「フィットちゃん」などセミオーダーで注文できるものがあります。

このタイプのランドセルは、早くに注文すれば、早めに手元に届くだけでなく、より大きな割引を受けられます。

前年の夏休み前には展示会なども開催されています。

なのでランドセルに関しては、早め早めに動かれるとメリットが大きいです。

高級なランドセルも登場

そして最近のランドセルは、数十万円もする高価格なランドセルが流行しているので驚いています。

また高級車のメーカーで知られるレクサスがランドセルを販売したことも印象に残っています。

レクサスのランドセルは、新素材のリアルソフトカーボンで作られているので軽くて高品質なランドセルとなっています。

私が小学生だったら欲しくてたまらないランドセルですが、小学生がどう思っているのかとても気になりますね(笑)

これからも、さらに思いもよらないランドセルが登場すると思いました。

私のランドセルの思い出

ちなみに私が小学校に入学する時のランドセルは、祖父母からの入学祝いという事で買って貰いました。

入学まで半年近くある幼稚園生最後の10月、祖父母からの誘いで、地元のランドセル販売会社の卸売へ行きました。

所狭しと並んでいた、色とりどりのランドセルにとてもテンションが上がったことを、今でも思い出します。

色々な種類のランドセルを背負っては降ろし、背負っては降ろし、終始興奮状態でしたね(笑)

買ってもらったランドセルが家に届いてからは、毎日の様に背負って、家の中を嬉しそうに歩いていました。

子供が自分の体よりも大きい様なランドセルを背負った後ろ姿、なんとも言えない可愛さがありますよね(笑)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

にいちゃんのランドセル [ 城島充 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/7/25時点)

コメントは受け付けていません。