スポンサードリンク


エアコンの最新機能と魅力について

エアコンの方が扇風機よりも節電できる?

我が家は、長年扇風機で暑さをしのいできたのですが、この度扇風機が故障したのを機に、エアコンを購入しました。

扇風機からエアコンに変えた事で、電気代が跳ねあがるのではと少し心配していました。

ですが実際は、エアコンは部屋全体の空気を冷やしてくれますので、扇風機のように長時間動かし続ける必要がなく、帰って扇風機よりも電気代が安くなったのです。

こんなに涼しくて電気代が掛からないのなら、もっと早くエアコンに変えておけばよかったなと、つくづく思いました。

スポンサードリンク

子供も、

「エアコンつけて~、エアコンつけて~」

と、覚えたてのエアコンという言葉を、毎日使っています。

ちなみに最近は、あまりにエアコンが快適のため、家族が引きこもりになっています(笑)

エアコンの最新機能と魅力

そんな最近のエアコンは、昔よりも技術が向上したので魅力を感じます。

例えば、エアコンの冷たい風だけでなく、除菌もしてくれる機能があります。

空気清浄機の役割を果たしてくれているので、とても嬉しい機能です。

またセンサーが付いているエアコンもあり、自動で温度調整もしてくれるので助かりますよね。

また価格も、数万程度で買えるエアコンもあるので、選択肢が広がったことは消費者として嬉しいです。

冷房よりも除湿がおすすめ

そして、暑い暑い夏の季節。

近年の夏は暑すぎて、お家の中で過ごす方も多いかと思います。

また、夜も熱帯夜が続き寝苦しく、て何度も目が覚めて寝不足になりがちですよね。

そこでエアコンを入れるときに冷房を押す方も多いと思いますが、湿気が多いときこそ「除湿」を使う方がおすすめです。

エアコン自体のカビを防ぐこともでき、お部屋の中もからっとします。

夜寝るときも、除湿でタイマーをしたり、自動機能を使えば快適に眠れますよね。

時代と共に進化するエアコン

今の時代、それこそ家庭にでもエアコンがあると思いますが、エアコンがない時代には、人々はうちわや扇風機を使って涼んでいました。

日本にエアコンが誕生したのは1958年頃の昭和30年代です。

この頃のエアコンは、冷房専用の機械で「クーラー」と呼ばれていました。

その後、1972年頃になってしばらく、冷房だけでなく、暖房も出来るエアコンが登場しました。

以降、技術の進化と共に、少ない電力で稼働できるエアコンや、内部フィルターを自動で掃除してくれるエアコンなど、時代と共に様々な種類のエアコンが世に出てきています。

この先も時代と共に、更に改良された高品質のエアコンが開発され、更に便利な世の中になって行くと思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

小型エアコンの取扱いと修理実用マニュアル [ 山村和司 ]
価格:2916円(税込、送料無料) (2016/7/24時点)

コメントは受け付けていません。