スポンサードリンク


ナルトを通して学べる事

ナルトについて

ナルトは、岸本斉史さんが作者の漫画になります。

ジャンルは、バトルアクション漫画で、主人公は「うずまきナルト」です。

映画やアニメにもなっていますよね。

週刊少年ジャンプで連載されていて、連載期間は1999年から2014年にもなります。

全部で700話もあり、壮大なストーリーが展開されますね。

スポンサードリンク

単行本は72巻発売され、外伝として1巻発売されています。

子供から大人まで大人気の作品なので、ゲームや舞台にもなっていますね。

ナルトを通して学べる事

少年ジャンプ絶大な人気を誇ったナルトですが、その魅力はいったい何だったのか?

一読者として考えてみました。

ナルトは小学校の推薦漫画にも選ばれることがありますが、選ばれる理由は、「落ちこぼれながらも、努力に努力を積み重ね、里一番の忍者を目指していく少年の物語」です。

子供の教育にとって努力することの大切さが学べるということなのでしょうね。

他にも私が感じた学びの要素をご紹介したいと思います。

1.ナルトとともに成長ができる

第1話では、学校で忍術を学ぶところから描かれます。

そこから第ナルトや仲間たちは、精神面の成長と身体面での成長、また、元々大人だった先生や先輩が年を取っていくなど、時間の流れも表現されています。

このような徐々に成長が描かれる漫画は、けっこう珍しいのではないでしょうか。

ここから学べるのは、精神面の成長と、物理的な成長があるため、現実世界に近い感覚で、目標に努力する大切さ、
そしてそれがどれだけ難しく、どれだけの歳月が必要か、などを体感できます。

子供たちが漫画を読むなら、

「きっと努力とはこうなんだ。自分もまねしよう。」

というきっかけにはなると思います。

2.人間的なつながりの大切さを教えてくれる

現代では、徐々に人間のつながりが希薄になりつつあると言われていますが、ナルトではその大切さが描かれているように感じました。

ナルトの魅力の一つに、「敵も味方も表裏一体」である面があります。

どういうことかというと、目標が同じでも、考え方が違ったり、少しの勘違いが生じてしまうと、敵にも味方にもなるということです。

ナルトでは、そのような心理的な描写が上手く表現されています。

また、友情や愛情が強くなると、その分敵対心も強くなることがあるも表現されています。

そして、そのバランスに悪戦苦闘しながらも、解決しようと努力するのがナルトです。

もちろん、現実世界では上手くいかないことも多々ありますが、人間的なつながりを大切にする考え方は、とても大切なのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。