スポンサードリンク


パワプロを実際にプレイしてみて

パワプロについて

パワプロは、ご存知、「実況パワフルプロ野球」の略称です。

シリーズ化しており、何作も発売されていますね。

コナミデジタルエンタテインメントから発売されていて、ファミコンやプレイステーション、Wiiなど様々なコンシューマゲーム機で遊ぶことができます。

また最近では、スマホ向けのアプリゲームもありますね。

デフォルメされた可愛らしいキャラクターを操作して野球ゲームを行うのが特徴で、人気が高いため、ゲームだけに限らずパチンコにもなったりしています。

スポンサードリンク

育成というイノベーション

野球ゲーム業界の重鎮として、地位を確立しているパワプロの魅力は、サクセスという野球選手育成システムにあると考えられます。

投手か野手を育成する事ができ、育成した選手は実際のプロ野球のチームに加えることができます。

サクセスでは、名物キャラクターが魅力を放っています。

永遠のライバル猪狩選手や能力アップの立役者ダイジョーブ博士など、パワプロファンの心をくすぐるコンテンツ満載です。

最新作のパワプロについて

そんな私は、子供の頃からパワプロの大ファンです。

そしてもちろん最新作の「実況パワフルプロ野球2016」も購入してプレイしています。

2015年はパワプロが発売されなかったので、その分楽しみにしていましたが、その期待以上に今作は素晴らしい出来だと思います。

サクセスやマイライフ、ペナントといった定番のゲームモードも健在ですし、今作から追加された、オリジナル変化球のノビやキレを細かく設定できる機能は、とても面白いと思います。

さらに新しいゲームモードのパワフェスでは、歴代のサクセスキャラが大勢登場して、昔からパワプロで遊んでいた私にとっては、懐かしいキャラも多くてとても満足しています。

パワプロ2016を実際にプレイしてみて

もう少し具体的にお話しますと、パワプロ2016を購入して、まず最初に試合をやりました。

とにかくヤクルトの打線が半端なく強かったです(笑)

また試合の詳細設定が出来るので、自分の好みでアレンジできるので良いと感じました。

しかし打撃はかなり難しくなっていると感じます。

ロックオンなしではまったく打てません(笑)

またロックオンレベルを上げるとストレートは打てるようになるのですが、チェンジアップが魔球です。

どう対処しようとしてもタイミングが合いません。

またフォーク系の変化球がストレートと見分けがつきづらいので難易度は上がっています。

ただその分、やり込める要素が詰まっているということですね!

マイライフの感想

そして先ほども少し触れました、パワプロ2016のマイライフは前作までよりも楽しく遊べるようになったと感じます。

前作までは1年プレイせずやめてしまうことがほとんどでしたが、タウン機能があり、ホームや遠征で行く地方ごとに施設が違って、だんだんレベルが上がり、街の発展を楽しむのが私のひとつのプレイ方法です。

また、プレイ成績で満塁打率や苦手・得意投手が表示されるのはプレイしがいがありますね。

コメントは受け付けていません。