スポンサードリンク


産経新聞の親しみやすさ

産経新聞について

産経新聞は、フジサンケイグループの新聞社である産業経済新聞社が発行している新聞社になります。

産業経済新聞社は、産経新聞のほかに、サンケイスポーツや夕刊フジという新聞も発行しています。

産経新聞は、朝刊と夕刊を発行しています。

また、ホームページやヤフーなどのポータルサイトで新聞記事を読むこともできます。

スマートフォンやタブレットで見られるので、こちらの便利ですよ。

スポンサードリンク

コンビニや駅のキオスクで購入する場合は、朝刊は110円、夕刊は50円で購入できます。

保守の論陣をはる新聞

産経新聞は、日本の大手新聞社のなかでは政治的には保守の姿勢を鮮明にしている新聞です。

また約30年前に、フジサンケイグループを鹿内春雄氏が率いていたときに、産経新聞がいちはやく紙面のカラー化を打ち出して世間を驚かせました。

そして販売価格は、大手新聞のなかでは、もっとも安い価格なので買いやすい新聞でもあります。

産経新聞の親しみやすさ

そして産経新聞の朝刊の一面には、読者投稿の詩が掲載される「朝の詩」、漫画「ひなちゃん」などが掲載されていて、主要記事に加えて、ほっと和めるコーナーもあるのが特徴ですね。

こういうコーナーが、意外と毎日の楽しみですので(笑)

産経新聞の記事は参考になる

私は時々、産経新聞を読んでいます。

記事にはとても個性があり、特に政治的なものや国防に関するものは、自分の考えとは必ずしも一致はしていませんが、そういう考え方もあるのかと、とても参考になります。

また会社では朝日新聞も購入しているので、産経新聞と比較して読んでみると、一つのニュースでこれほどまでに解説記事の内容が異なるのかと、ある意味とても面白いですね。

日本は言論の自由や表現の自由が保障されている国家なので、様々な視点で国民の選択肢を増やしてくれたり、自分の考えと逆の人たちの発想を理解するでも、新聞の役割はとても大きいと思います。

なので、新聞ができれば複数誌読んでいく形にした方が、ひとつのニュースに対して、バランスの取れた考え方を持てそうですね。

また、複数の新聞を読んで、知識を蓄えておくことによって、仕事の取引先とのちょっとした雑談でも、しっかり自分の意見を離せますので、地味にポイントが上がります(笑)

ただ、新聞の内容をそのまま話したりしてしまうと、同じ新聞を読んでいる人にバレバレですので、そこは気を付けてくださいね。

私は子供にも、できるだけ早いうちから産経新聞も含め、複数の新聞をしっかり読める人間に育てていきたいと思います。

コメントは受け付けていません。