スポンサードリンク


歳を重ねて、より日経新聞を読み込むようになった

就活を意識したころから読み始めた

大学3年生、就職活動が始まるころに、それまで購読していた一般紙に加えて、日経新聞の購読を始めました。

氷河期まっただ中の就活戦線では、企業人事との面接が何より大切で、その現場で尋ねられる内容には一般常識や、時事問題があるらしいと聞いたからです。

また大学の就活サポートセンターの先生に、「日経新聞は絶対読んでおくべきだ」と強く薦められたことも、購読を始めた理由のひとつです。

専攻していた学科が社会学系でなかったこともあり、経済記事などさっぱり分からない状態からスタートしましたが、習慣として毎日読むようになってからは、ニュースを見る目が変わっただけでなく、日常の買い物の値段などにも敏感になりました。

スポンサードリンク

まさに一石二鳥だった日経新聞の購読。これから社会に出る前の大学生にはぜひオススメしたいと思います。

最初はちょっと難しいと感じるかもしれませんが、得るものは大きいですよ!

日経新聞の魅力と利用価値

日経新聞は、国内の経済情報だけでなく、世界情勢の情報も豊富に載っているので勉強になります。

そしてインターネットで新聞を見ることができる日経電子版は、速報性があり、サイト内の配置が見やすいので魅力的ですね。

その他にも日経電子版は、スマホやタブレッド端末にも対応しているので利用することをお勧めします。

株や為替の情報も他の新聞よりも多いので、投資をしている人にとってはとても魅力的な新聞だと思います。

マーケット欄をよく見る

そして私は、今でも日経新聞を購読していますが、特にに重視しているページがマーケット欄です。

実際に投資をしているので、毎日しっかり読み込んでいます。

ちなみにマーケット欄では、例えば、日経平均オプションのコールとプットの建玉数をチェックします。

コールの方がプットよりも多いときは、日経平均株価が下落する心配は少ないです。

逆に、プットの数がコールよりも多いときは日経平均株価は、下落トレンドで推移することが多いのです。

このような市場の動きをチェックするためには、日経新聞は必須だと言っても過言ではないと思います。

歳を重ねて、より読み込むようになった

そして私の傾向として、歳を重ねるごとに、より日経新聞を読み込むようになりました。

その理由は、やはり長年日経新聞を読んできて、内容がより理解できるようになったことが大きいです。

それにより、より多くの経済ニュースに興味を持てるようになったので、日経新聞を読んでいて、面白いんですよね。

・・・なんだかこんなことを言っていると、それこそおじさんみたいですが(笑)、これからも日経新聞を読み込んでいこうと思います!

コメントは受け付けていません。