スポンサードリンク


またいずれ銀魂のアニメが再開されることを期待

銀魂とは?

銀魂は、空知英秋先生によって描かれた、週間少年ジャンプに掲載されている、SFでありながらギャグありシリアスありコメディーありの、何でもありの内容のため、幅広い年齢層に受け入れられている漫画です。

その上この作品はテレビアニメ化され、テレビ東京で放送されていました。

この漫画の内容は、「あまんと」と呼ばれる地球外生物によって、主人公の住む国が開国されたその後の物語なので、作品には人間だけではなく、宇宙人が宇宙船が登場することがあります。

スポンサードリンク

銀魂は作者のコメントが面白い

そして銀魂は、ジャンプで一話から読んでいますが、最初の頃は人気がなかったんですよね。

単行本でもそんなことを作者がチラッと書いていましたし、ジャンプでも目立っていなかったのを覚えています。

でもあの頃から台詞が面白くて、ひそかに応援していたんですが、あっという間に人気が出てアニメになって、ファンとしては嬉しい限りですね。

そして銀魂は、作品も面白いのですが、単行本の作者のコメントも秀逸で好きです。

単行本はそれ目当てで買っていた時期がありますね。

銀魂の登場人物の名前

銀魂は、実在する歴史上の人物をキャラクターモチーフにしているのですが、名前の付け方が絶妙に本来の名前と似ているため、間違うことが割りとよくあります(笑)

銀魂のキャラの名前しか思い浮かばず、本来の名前が出てこないという事態がよくあったのです。

例えば新撰組の近藤勇は、銀魂では近藤勲と名づけられており、一文字しか違わないため、ややこしいったらないです(笑)

ただ銀魂で覚えた歴史上のキャラもいるので、歴史の勉強の助けにはなりますね!

またいずれアニメが再開されることを期待

そして銀魂のアニメは

一定期間放送したらしばらく休止

またアニメ再開

という形を繰り返しながら、現在までに300話以上が放送されています。

アニメ第一期のタイトルはそのまま「銀魂」ですが、二期は「銀魂’」および「銀魂’延長戦」、三期は「銀魂゜」というタイトルになっています。

現在アニメは放送されていませんが、原作が最終章に突入しているため、いずれまたアニメも再開して最終回まで描かれるのではないか、とファンの間では期待されていますね。

実写化も期待出来る

銀魂は、ギャグ漫画と縛ってしまうことが出来ないほど面白いのに、シリアスな話は泣けます。

銀さんが爽快かつ重みのある言葉で、いつも的を得た名言を放つので大好きです。

主人公がきれいごとばかり言わないのも、銀魂の魅力の1つだと言えますね。

だからこそアニメ化からの映画化、そして今度は小栗旬さん主演で映画化もされる人気作品なんだと思います。

ジャンプで子供向けと思われがちですが、大人こそ読んで欲しい作品です。

ちなみに、「人生はベルトコンベアのように流れる」という名言が私は大好きですね!

銀魂 [ 空知英秋 ]
価格:720円(税込、送料無料)

コメントは受け付けていません。