スポンサードリンク


今、電車に乗ったら新鮮かも

電車はエコな乗り物

電車は、一度に大勢の人を運ぶのに適した乗り物ですよね。

そして同じ乗り物であるバスでも、一度に大勢の人を運ぶ事が出来ますが、使うエネルギーは電車の方がはるかに少ないのです。

ですから電車は環境に優しい、エコな乗り物であると言えます。

また電車は、バスのように道路の混雑具合に左右されませんから、目的地に遅れる事無く到着する事が可能です。

スポンサードリンク

この様に電車は、様々な特長を兼ね備えていますので、もっと多くの人に利用してもらいたいものです。

明るく印象が良くなった電車

これまでの電車は、中づり広告などの紙媒体の広告ばかりでしたが、最近は液晶モニターの電車が増えきた印象があります。

液晶モニターは音声が出ませんが、画質が良くなり見ていて印象が良いです。

特に新型の山手線の電車は、液晶モニターの数も増えて明るくなった気がしますね。

また液晶モニターだけでなく、座席の幅が広くなったりフリースペースも広く明るいデザインとなり魅力的になりました。

電車は、ただ乗るだけのイメージがありましたが、最近は明るい雰囲気となったため乗り心地が良いです。

時間に正確な日本の電車

そして日本の電車は、時刻表通りに到着してくれるために多くの人の毎日の通勤・帰宅時にとても助かっていますよね。

日本に住んでいるとこれが当たり前だという固定概念がありますが、海外に行ってみると電車の到着時刻は結構いい加減で、到着時間になっても電車がなかなか来ないといったことも多いです。

それを考えるとやはり日本の電車は素晴らしいと思いますし、なにより時刻表通りに電車を走らせてくれている関係者の方々には感謝の気持ちで一杯です。

赤、青、黄の電車がある京浜急行

東京都の南部の品川駅と、神奈川県東部の三崎駅を結ぶ京浜急行は、赤い電車で有名です。

そこに、青の電車があり、さらに黄色の電車が加わりました。

青い電車は「京急ブルースカイトレイン」の愛称で、「羽田空港の空」と「三浦半島の海」をイメージしています。

そして黄色の電車は、「京急イエローハッピートレイン」の愛称で、「沿線に幸せを運ぶ電車」です。

京浜急行の電車はバラエティに富んでいるのが魅力ですね。

また、快特、特急、急行、普通、ウイング号などの種類もあります。

今、電車に乗ったら新鮮かも

私は現在沖縄在住ですので、基本的に車移動です。

一応沖縄にもモノレールはあるのですが、なかなか乗る機会がないです。

なので、旅行などで東京などに行き、電車に乗ったらかなり新鮮さを感じられると思います。

逆に東京では電車の方が便利すぎて、車はいらないくらいですものね。

電車まるごと大集合 [ 藤原浩 ]
価格:1404円(税込、送料無料)

コメントは受け付けていません。