スポンサードリンク


格安バスか高級バスか

昔よりグレードアップ

高速バスというと、20年近く前に大学生の頃によく利用していました。

高速バスであれば他の交通機関よりも安い値段で帰省できるために、当時あまりお金に余裕がなかった私にとっては心強い味方でした。

長い道のりですが、深夜便だから安いので学生には持って来いでした。

でも、利用客はおじさん率が高く、席も狭く、トイレもあまり綺麗ではなく、決して心地よいものではありませんでした。

ところが最近では、女性専用の高速バスや、飛行機のファーストクラスのような体を休められるバスも増えてきています。

スポンサードリンク

また最近の高速バスは、シート自体の質も高く、スリッパや毛布が用意されているものまであるようですね。

ポジショニングが重要

改めて高速バスのメリットは、他の交通手段と比べると、安価な移動ができる点にあります。

しかし、長時間移動はストレスが溜まってしまうデメリットもありますよね。

高速バスに乗る際、デメリットであるストレスの蓄積を軽減するためには、ポジショニングが大切です。

隣に人が座りにくい所にポジションをとれれば、低ストレスでいられます

そして、隣に人が座りにくい場所とは、運転手の後ろの席です。

ほとんどの人は、後ろの方に席を求めます。

なのでそれを逆手にとり、最高のポジションを得てみてください。

遠距離恋愛の思い出

そして、高速バスで一番に思い浮かぶのは、遠距離恋愛をしていたころの思い出です。

大学生だった私には新幹線の料金は高く、いつも高速バスを利用していました。

初めて1人で乗る時は少しドキドキしましたが、慣れてきたころには、パーキングでの休憩時間にアイスクリームを食べるのも楽しみのひとつになっていました。

行きの楽しい気持ちと、帰りのまたしばらく会えない寂しい気持ちと両方を乗せて走ってくれた高速バス、その彼女は今の妻ではありませんが(笑)、高速バスというと当時のことを思い出してしまいますね。

格安バスか高級バスか

少し前までは、高速バスは時間がかかっても安く移動するための手段でしたが、高速バス業界の競争が激化し、高速バス自体で差別化をはかる動きが見受けられます。

その象徴が、夜間高速バスを中心とした高級バスの投入です。

寝台特急が姿を消す中、多少お金がかかっても、楽に移動したいという需要から実現したものです。

これらの高級バスは座席数が少ないこともあり人気が高く、中高年を中心に支持されているようです。

どんどん高速バスは快適に、便利になっていきます。

今は子供が小さいですが、もう少し大きくなれば利用してみたいなと思いますね!

※高速バスに関する書籍は、下記楽天市場から購入できます。

バスまってる [ きたがわめぐみ ]
価格:1620円(税込、送料無料)

コメントは受け付けていません。