スポンサードリンク


フリーセルは始めると止まらないゲーム

フリーセルについて

フリーセルは、1人で遊べるトランプゲームです。

実際にトランプを用意しないでも、Microsoft Windowsやスマホアプリなど様々な媒体でも遊べます。

トランプを絵札や数字が見えるように8列に並べて、最終的には、並べたすべてのホームセルに、トランプを片付けるのが目的のゲームになります。

その時に、「フリーセル」と呼ばれている4つの場所をうまく活用していくのが、このゲームをやっていくコツになっています。

スポンサードリンク

頭の体操や気分転換に

そしてフリーセルは、ソリティアとも呼ばれている、ルールが単純なカードゲームです。

ルールは右上の4つホームのセルに、1から13まで順番に積み上げていくというもの。

簡単なものであれば、まずそれぞれのエースを探し出しフリーセルを使いながら、順番に並べていけばよいですが、複雑なものになるとカードのどかす順番次第で行き詰ってしまいます。

どのカードから並べていくか、どのカードを移動するか、頭の中でシュミレーションしながら行う事で、いつの間にか他の事は忘れられるので、気分転換になりますね。

ただ難しい問題の場合、なかなか解けず、いつまでたってもやめられないと言う事もしばしばあります(笑)

始めると止まらないゲーム

そんなフリーセルの良いところは、必ずクリア出来る事ですよね。

「何時間かかろうが最後に笑うのは自分」、という達成感がいいですよね(笑)

最初にAがどの場所にあるかを確認、その後に一番下のカードを確認、何をどう移動したらいいのか?を頭の中でシミュレーションしながら進めていくのが楽しくて、「意外ともうダメか」、と思う時でも、手詰まりにならない限りは解決出来たりもしますよね。

元祖脳トレといった感じで、運に左右されないカードゲームですね。

だから1回クリアしてもまたクリアしたくなり結果として延々と遊んでしまいます。

パターンが膨大にあるので、遊び尽くす事もないため、何年経っても終わらないですね(笑)

フリーセルにハマった大学生時代

大学生の時に初めて自分用のパソコンを買ったんですが、そこについていたフリーセルにすっかりハマってしまいました。

大学の授業をサボるぐらいにハマったこともありました。あれってなんでハマっちゃうんでしょうね。

クリアできるときとできないときがあるのもいいですよね。

なかなかクリアできないとイライラしてきますが、クリアできるとうれしいです。

・・・今となってはいい思い出ですね(笑)

今は、スマホなどでできるソーシャルゲームが大人気ですが、一方でフリーセルのようなシンプルなゲームも、高齢者向けに生き残っていくような気がしますね。

コメントは受け付けていません。