スポンサードリンク


横浜銀行は地元に密着している

横浜銀行について

横浜銀行は、神奈川県を中心に展開している地方銀行になります。

数ある地方銀行の中で最大規模の銀行です。

預金額・総資産額・経営利益ともに地方銀行では日本一を誇り「はまぎん」の愛称で親しまれています。

「よこぎん」ではありません(笑)

店舗は2016年7月時点で日本国内だと1都6県に610店舗を展開し、また海外展開もしており、上海に支店があるほか、ニューヨーク、ロンドン、香港、バンコクに駐在員事務所があります。

スポンサードリンク

ATMを駅やショッピングセンターなど、毎日の生活のポイントとなる場所に多く設置しています。

ちなみに小田急線では、全70駅にATMが設置されています。

休日も営業して、住宅ローンなどの相談や受付をしている店舗もあり便利です。

神奈川県で知らない人はいない、最も有名な銀行ではありますが、そのせいで「神奈川銀行」があることを知らない、神奈川県民を生み出すこととなりました(笑)

はまぎんマイダイレクトが便利

そして横浜銀行は、ネットバンキング機能もあり、具体的には「はまぎんマイダイレクト」と呼ばれるサービスです。

パソコンや携帯電話で取引ができるので、忙しい人にはとても重宝できます。

支店に足を運ばなくてもウェブで申し込みが可能で、何より窓口で利用するよりも手数料が安いので、取引の多い人やビジネスで利用する人にとてもおすすめできるサービスです。

横浜銀行は地元に密着している

このように横浜銀行というのは、もちろん地元の横浜だけではなく、その近辺の都市でも人気の銀行です。

例えば私の友人が多く住んでいる、横浜の隣にある川崎でも十分に愛されている地方銀行です。

そして、この横浜銀行というのは、いち早くオフィスにいる女性行員に、カジュアルフォーマルな服装を徹底して行った数少ない銀行の1つでもあります。

そんな服装からも地元の人からはとっつきやすいと思われたのか、横浜や川崎ではかなりの横浜銀行愛用者がいるようですね。

現在、投資信託キャンペーン中

今年の4月に、横浜銀行は東日本銀行と経営統合して、コンコルディア・フィナンシャルグループを発足させました。

横浜銀行はこの持株会社の子会社という位置づけとなりました。

そして現在横浜銀行は、投資信託のキャンペーンを実施していて、毎月5,000円以上の金額での積み立てを申し込むと、2,000円のギフトカードをもらえるようです。

過去1年間株価は下落傾向にありますので、今が投資信託の買い場かもしれませんね。

その意味では、タイミングの良い投資信託キャンペーンだと思えます。

コメントは受け付けていません。