スポンサードリンク


浴衣にまつわる苦い思い出

花火イベントのときは浴衣が多い

7月、8月の花火イベントの時は、浴衣で参加する人が多いですよね。

浴衣を着る季節は夏しかありませんし、なおかつ浴衣を着て外出する機会はかなり限定されていますので、浴衣好きにはここしかないチャンスとなりますよね。

浴衣で花火大会に憧れる

我が家のの近くでも、すごく大規模な花火大会があります。

カップルで浴衣を着て歩いている人たちを見ると、若い頃はちょっとムカついていたんですが(笑)、最近では「浴衣デートなんていいな~」なんて思うようになりました。

スポンサードリンク

私も妻としたらいいんですけどね。

さすがに浴衣をわざわざ買って、あの人ごみに出ていくと思うとちょっとためらってしまいます・・・。

だけど浴衣って大変そうですよね。歩くのも大変ですし、何より暑そうです。

でも、それ以上に素敵な思い出が残りますよね。

男性の浴衣姿

そして男性の浴衣姿についてですが、身長が高い方が浴衣姿が似合って見えますよね。

これは身長が高い人の特権になります。

周りでも多いのですが、身長が低めの人は祭りの時などに甚平を着る傾向があり、身長が高い人は祭りの時などに浴衣を着る傾向があります。

これは男性陣の共有事項になるので、自分が男性の平均身長より高いか低いかを判断して、着用するものを甚平にするのか浴衣にするのかを変えます。

ちなみに個人的には、平均以上に身長があるので、浴衣ということになりますね。

浴衣にまつわる苦い思い出

そして妻も学生時代は、カップルで浴衣を着て夏祭りというシチュエーションに憧れたことがあるそうです。

なので母にお願いしてお古の浴衣を探し出してもらったものの、着方が分からずご近所さんを巻き込んでてんやわんや。

お母さんもおばあさんに数回着せてもらっただけということで、結局帯の結び方が分からず、残念ながら普段着でお祭りに行くことになったそうです(笑)

さらに、浴衣を着てきた友人は草履があわずに途中で帰宅・・・。

慣れないことをするのはよくないと肝に銘じた一日だったそうです。

浴衣を着る練習

そして現在の妻は、茶道を習っているので、普通の人よりも着物を着る機会が多いです。

夏場では浴衣でお稽古に来ても良いと先生には言われているそうですが、なんとなく着ていけていません。

というのも、着物ばかりを最近は着ているので、昔にやっと覚えた浴衣の着方を忘れてしまったからというのもあるようです。

ただ今年は一念発起して浴衣を着ようと思っているようで、着る練習をしようと思い、先日行った温泉で貸し出された浴衣で早速練習してました(笑)

コメントは受け付けていません。