スポンサードリンク


ミラノのホテルといえば、スターホテル

良いホテルとそうじゃないホテルとの違い

今まで、それこそ仕事や旅行などで様々なホテルを利用したことがありますが、「ここに泊まって良かった。」と思えるホテルも、そうじゃないホテルもありました。

何がその差なのかと言いますと、

部屋が清潔か
サービス(お風呂用具等)が、充実しているか
接客の良さ

この辺りが関係してくると思います。

スポンサードリンク

いくらサービスが良くても、接客が最悪だと不満が生まれますし、接客が良くても、不衛生な部分がだったりすると、嫌な気持ちを抱いてしまうからです。

せっかくホテルに泊まるなら、「ここを選んで良かった!」と思えるところがいいですね。

ホテルの空調は乾燥しやすい

またホテルの空調は乾燥しやすいので、夜寝ている間にのどを痛めやすいです。

部屋の中に、濡れタオルを干しておくのもいいのですが、事前にホテルに頼むと、無料で加湿器を用意してくれます。

水蒸気が見えにくいタイプのものが、最近は多いですね。

小さな子供と一緒に宿泊する場合には、加湿器は特に必要になると思いますので、予め連絡して、用意してもらっておくといいですね!

ヴィラフォンテーヌによく宿泊

私は最近、東京都心部に宿泊するときは、住友不動産系列のヴィラフォンテーヌに宿泊することにしています。

このホテルは、シングルルームでもベッドがダブルベッドになっているので、のびのびと睡眠を取ることができるのです。

また、ヴィラフォンテーヌのホームページに会員登録していますので、インターネットの大手宿泊予約サイトから宿泊の予約をするよりも、ヴィラフォンテーヌのホームページから宿泊の予約をする方が、5%くらい割安の価格で部屋を抑えることができて、お得です。

ホテルのルームキー

そして国内のホテルのルームキーと言えば、昔は本当に鍵でしたよね。

たいがい鍵の先に、鎖で赤や緑の棒状のプラスチックが付いていて、大浴場帰りにブンブン振り回したものです。

それが今はカードキーのホテルが多くなりました。

あれはセキュリティー上の問題なんでしょうか?

そして、薄くて存在感がないせいか、部屋の中で見失うは、部屋を出る時に置き去りにしそうになってしまうのは私だけでしょうか(笑)

ミラノのホテルといえば、スターホテル

そしてホテルといえば、イタリアのミラノに行ったときに泊った「スターホテル」は素敵なホテルでした。

部屋からは重厚な造りのミラノ駅を見ることができ、リニューアルして間もないため、内装がとてもおしゃれで清潔感がありました。

トイレの便座がかなり高い位置にあったので、足が下につかなかったのは少し驚きましたが(笑)、イタリア人は背が高く足も長いということなのだと思います。

朝食に出たチーズとパンも美味しかったです。

またミラノに行くことがあったら泊まってみたいホテルですね。

コメントは受け付けていません。