スポンサードリンク


松井証券、昔は対面証券だった

ネット証券の風雲児

松井証券は、「ネット証券の風雲児」と言われ有名になりましたね。

このネット専業の証券会社は、他のネット証券に先駆け様々なサービスを始め、様々なことを継続してやってきました。

その中で、一日の株式約定代金10万円まで無料と言うサービスががあります。

このサービスは文字通り、一日の株式約定代金の合計金額が10万円以下ならば、株式売買手数料を無料にするとサービスです。

スポンサードリンク

このような、採算度外視で顧客のことを一番に考える姿勢で、松井証券は大きく成長したのだと思います。

昔は対面証券だった

松井証券は、東京都千代田区麹町に本社がある証券会社で、約20年前までは店舗で、お客さんと対面で取引する地場証券でした。

それが、現在の松井道夫社長の時代になってから、ビジネスモデルをネット取引に大転換することによって、業績を急拡大することに成功しました。

ネット証券となってからは、売上高に対する経常利益率は50%を超える年度もありますし、2008年度のようなリーマンショックが発生した年度でさえ、黒字決算を計上しています。

まさに証券会社としては盤石の地位を築いていると言えます。

松井証券のシステムは、初心者でも使いやすい

そして松井証券の魅力は、ネット証券全体で見ても手数料が安い上に、「ネットストック」というシステムが使いやすく、初心者でも簡単に株の売買が出来るところにあると思います。

私も株の初心者のころ、よく松井証券にお世話になりました。

私はウェブ上のマニュアルのようなものはいっさい読まないタイプだったのですが、それでも問題なく、サクサクと株の売り買いが出来たので、

「本当にこの会社のシステムは使いやすい」

と、感心しましたね。

証券会社のシステムは、こうあってほしいものだと思います。

またホームページでは、今後予想される市場動向などの情報を発信している無料の動画を見ることができ、投資に役立ちますし、サポート体制がしっかりとしており、安心して利用することができます。

またHDI-Japan主催の問合せ窓口格付け(証券業界)では、2015年度に最高ランクの三つ星を獲得しています。

松井証券が指定する口座取引がお得

また松井証券では、指定口座対象のNISA口座・ジュニアNISA口座での取引に関して、一定額まで手数料が発生しません。

なので初めての方には、手数料を気にせずに済むためトライしやすいと思います。

手数料が無料になる条件は、インターネットを経由して指定口座での取引が必須となっています。

NISA口座の非課税投資枠を利用すると更に、税金がかからないのでお得に取引が行えます。

なので少額から始めるなら、松井証券サイトからの取引がおすすめですね。

コメントは受け付けていません。