スポンサードリンク


JRAは若者、女性ファン獲得にいち早く動いた

JRAと地方競馬

JRAは日本政府が競馬の健全な発展を図って、資金を全額出資しています。

一方地方競馬は、各自治体が運営していますね。

地方競馬はバブル崩壊の頃から、競馬をする人自体が減ったこともあり、地方競馬の経営が悪化し辞めたところも多くあります。

やはりJRAとの資金の差は大きいですね。

また競馬と言えばイギリスが発祥ですが、馬券売り上げを見ると日本はイギリスの倍以上、そのうち9割がJRAの売り上げなので、すごいですね。

スポンサードリンク

JRAの改革

そして、それまでのJRA競馬は、競馬場に行かないと参加することができませんでした。

しかし最近は、電話やインターネット投票で参加できるようになったので身近になったと思います。

そのインターネット投票では、自分が投票した内容や結果をインターネットでチェックすることでき魅力的になりました。

また、インターネット投票会員限定のキャンペーンやオリジナルグッズも当たるので印象が良くなりましたよね。

最近のJRAは、多くの人が利用できる努力していることがよく分かりますよね。

JRAのサービスと施設

そして私は独身時は、土曜日と日曜日にはよく競馬場へ足を運んでいましたが、最近のJRAは来場者に対するサービスが向上していると思います。

家族向けに子供が遊ぶことができるスペースもありますし、ポニーに乗馬することもできるので、子供を連れて行くととても喜ぶと思いますね。

また、競馬場内の施設も充実していて食事に困ることはありませんし、馬券の購入機もたくさん配置されているために、混雑する日でもそれほど待たされることなく馬券の購入が出来ます。

このような地道なサービスや施設の充実化を続けていけば、来場者数ももっと伸びていくのではないでしょうか。

若者、女性ファン獲得にいち早く動いた

そして日本には、公営競技として競馬以外にも競輪、競艇、オートレースなどがありますが、JRA(日本中央競馬会)は、他の公営競技よりも、いち早く若者や女性ファンの獲得に動き出しました。

以前までは、

「公営競技は、ギャンブルでおじさんばかりが集う」

というイメージが強かったですが、JRAはCM等に女優や女性芸能人を多く起用することにより、女性ファンや若年層のファンの獲得に成功しました。

また普段の競馬開催日にも、若手俳優、女優などをゲストに呼ぶことによって競馬場への集客を試みました。

JRAのCMは素晴らしい

先ほども少し触れましたが、JRAのCMは、かなり作り込んだ内容で、競馬に対するワクワク感をさらに高めてくれますよね。

特に、曲に合わせて歴代の名馬たちが次々と映りこむCMは、非常に惹かれるものがありました。

JRAには今後もこのような魅力あるCMを続けていってほしいなと思っています。

コメントは受け付けていません。