スポンサードリンク


大和証券の社風は?

大和証券は、野村證券、三菱UFJモルガンスタンレー証券、SMBC日興証券、みずほ証券と並ぶ、日本の大手証券会社の1つです。

証券会社と聞くと、堅苦しい企業イメージを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実際のところどうなのでしょうか?

大和証券の歴史

大和証券は1902年に創業し、100年以上の歴史がある証券会社です。

100年を超える実績を積んでいることから、伝統的で信頼できる企業イメージを持つ人が多いようです。

スポンサードリンク

大和証券の強み

野村證券と並び独立系証券会社と呼ばれている大和証券。

独立系のため、提案のスピードが早く、思い切った商品提案ができることが魅力的です。

1.ファンドラップ

大和証券が力を入れている部門に、ダイワファンドラップがあります。

ファンドラップとは、運用スタイルをお客様に合わせ、共に作り上げていくかたちの資産運用サービスです。

お客様それぞれの投資方針の確認から、運用の実行まで一連を包括したサービスで、安心して進めることができます。

2.インパクト・インベストメント

もう1つ、大和証券が力を入れていることに、インパクト・インベストメントがあります。

経済的な利益を追求することはもちろん、社会的な課題に対して解決を図る投資のことです。

大和証券はこれまでに、ワクチン債、ウォーターボンドなどのインパクト・インパクト・インベストメントの商品を販売してきた実績があります。

大和証券の社風は?

就職活動中の学生さんには需要な要素といえるのが、社風ですよね。

同じ証券会社でも、社風はさまざまです。

入ってみれば肌で感じる社風ですが、入社を決める前に少しでも知っておきたい人も多いでしょう。

ざっと挙げていきますと、

1.お客様からの信頼を感じることができる

2.ワークライフバランスを考えて働ける

3.女性管理職や出産育児制度が取りやすい

4.人材を重視し、社員を正しく評価する

など、手厚い制度が揃い、働きやすい社風と言えます。

就職希望企業ランキングの上位にランクインするのも納得がいきますね。

大和証券の評判

大和証券を利用する側の評判は、『信頼できる』ということが1番でしょう。

単なる昔からある堅苦しい証券会社ではなく、進化しつつ変貌を遂げていることも魅力の日1つです。

手数料は安くありませんが、その分情報サービスの質もよく取引商品も多数揃えられていて、サポートも充実しています。

大和証券は安心して利用できる証券会社と言えるでしょう。

ボーナスにビックリ

ちなみに、私の小学校からの幼馴染みが大和証券に入社したのですが、入社した年の夏のボーナスの額を聞いてビックリしたことを覚えています。

景気が良かったのと配属された支店の業績が良かったようですが、私も証券会社に勤めていましたが金額の差はけっこうあって、「さすが大手!」という額でしたね(笑)

コメントは受け付けていません。