スポンサードリンク


ゆうちょ銀行のデビットカードが便利

全国にあってとても便利

ゆうちょ銀行はATMのみの店舗も含めると、全国ほとんどあらゆる場所にあるので、とても便利だと思います。

島しょ部や山間部、周りに小さな集落しかないところでも、郵便局の中にゆうちょ銀行のATMが設置してあるので、コンビニさえないような地域で急に現金が必要になった際に、営業時間内であれば手数料無料で現金を引き出すことができるのでとても重宝しています。

また、両替や振込等ももちろん行うことができるので尚便利です。

スポンサードリンク

また昔は使えませんでしたが、今ではほとんどのコンビニATMでも、ゆうちょ銀行のキャッシュカードが使えるようになっているので、郵便局でも利用出来るし、コンビニでも利用出来るので、ゆうちょ銀行のカードを1枚持っていると安心出来ますね。

ジュース3本から5円玉1個の利子

それこそ、小学生の時に初めて持った通帳が郵便貯金の通帳だったと思います。

主にお年玉を入れておくためというのが使い道でした。

その当時は民営化の言葉が陰も形も無かったころで、少しの額面でジュースが一本買えるだけの利子が付きました。

2万円程度で100円以上と、かなりの額面です。

ピーク時には利子だけで好きなお菓子も買える程になっていたものですが。時間が流れて、通帳の履歴を見ると滅多に使わなくなっている口座ながら、3倍以上の額面で、買えるのは5円チョコだけという利子になりました

そのうち民営化となり、郵便局の局長さんが自分で保険のセールスに来たりしていました。

これも時代の流れですね・・・。

ちなみに、民営化以前と比べて便利になったのは、土日でも関係なく郵便物が届くようになったことですね!

民営化の影響で、これからよりゆうちょ銀行便利になることを期待しています。

ゆうちょ銀行のデビットカード

そして、ゆうちょ銀行の総合口座のキャッシュカードは、デビットカードとして使用できて便利です。

口座開設の申し込みの際に、デビット機能を使用したい旨をチェックして提出すれば、使用できます。

全国で約45万以上設置されている端末で対応でき、ショッピング代金や飲食代金をカードで素早く支払うことができます。

加盟店の目印になるのが、J-Debitのマークです。

使用した時点ですぐに口座から、該当金額が引き落とされるシステムです。

これですと、クレジットカードのように数か月後に請求がくるということがないので、お金の管理もしやすいですよ!

デビットカードは、思ったよりも活用している人が少ないという印象ですが、一度使うとかなり便利なのでオススメです。

コメントは受け付けていません。