スポンサードリンク


福岡を離れても福岡銀行の通帳が使えている

福岡銀行は九州最大の地方銀行

福岡市に本店を構える福岡銀行は九州最大の地方銀行で、福岡県内はもちろん、九州各地に支店を置いています。

とりわけ、福岡県内では、薄い水色がシンボルカラーの福岡銀行の支店を容易に見つけることが出来ます。

また、大勢の人たちが集まる駅や地下街、商業施設などには、随所に福岡銀行のATMが設置されています。

このATMもシンボルカラーの薄い水色で見分けが付きやすく、また、週末や祝日など銀行の休業日にも利用できるので、とても便利です。

スポンサードリンク

また私の福岡出身の友人いわく、何より福岡銀行の方の対応は素晴らしいようですね。

簡単な手続きから、複雑な資産運用まで、細かく相談に乗ってくれるところに安心感があるようです。

また、店舗もここ数年で建て替えなどでとても綺麗になったり、なおかつバリアフリーなどで誰もが使いやすい銀行にしていこうとする心遣いが感じられるとのこと。

来店客数は多いものの、待ち時間も割と少なく、もし待たせてしまう事があっても係りの方からきちんと途中経過、時間がかかってしまう経緯等の説明があるので、自分の手続きが忘れられたりしていないなどの安心感、イライラして待つということないそうですね。

被災者向けに柔軟な対応をしている

福岡銀行はふくおかフィナンシャルグループの子会社で、熊本銀行や親和銀行とは兄弟会社となっています。

4月に熊本地震が発生しましたが、被災者の方のなかには福岡銀行と取引をしていた方が多数いらっしゃいます。

このため福岡銀行は、地震によって預金通帳や届け出印鑑、キャッシュカードなどを紛失してしまった被災者向けに、柔軟な対応をしています。

例えば、キャッシュカードであれば無料で再発行の対応をしています。

被災者の方で、何か困ったことがあれば、まずは福岡銀行に相談されてはいかがかと思います。

福岡を離れても通帳が使えて助かっている

そして先ほどお話しした私の友人は、福岡に住んでいたころに、福岡銀行に新規で口座を作りました。

選んだ理由は、福岡のいたるところに支店とATMがあったからです。

実際にとても便利だったようですが、友人はその後、長崎に引っ越しをしました。

そして長崎市内は、福岡銀行の支店は一つしかなかったようで、自宅から遠く不便を感じたようなのですね。

携帯電話の支払いなど、たくさんの引き落とし契約を福岡銀行の口座でしていたので、いっそ地元の銀行に変えようかとも考えたそうですが、ちょうどその頃にインターネットバンキングのサービスが提供されたので、それを利用することにしたそうです。

とても便利でしたが、手元の通帳に記帳されないのが不満だったようです。

ただのちに、長崎の親和銀行が、福岡銀行と同じふくおかフィナンシャルグループで、親和銀行のATMでも福岡銀行の通帳が使えるということを知りました。

親和銀行のATNなら長崎市内にたくさんあるので、とても助かっているようですね。

やはり九州では、福岡銀行は便利に使えそうです!

コメントは受け付けていません。