スポンサードリンク


転職の理由を納得してもらえるか?

転職活動はストレス解消が大事

転職活動って就職活動と同じぐらい大変ですよね。

むしろそれ以上かもしれません。

新卒で行う就職活動は社会のことがよく分かっていないので「こんな感じかな?」と思いながら進めていくことになりますし、仲間もいます。

しかし転職活動は、社会のことが分かっているからこそ辛いことも多いですし、同級生の転職仲間がいないことがほとんどでしょう。

スポンサードリンク

ストレスが溜まってしまっては大変なので、時々自分に合った方法でストレス解消をしながら、進めていくことが大事ですよね。

転職の時に聞かれる質問

私も以前転職したことがあります。

一旦就職したのですが、仕事をしていく中で、その仕事が自分に合わないと感じてきたので、就転職することを決めました。

転職活動で一番困ったことは、前の職場を辞めた理由を聞かれた時です。

「仕事がどうしても合わなくて、一応努力はしてみたものの、どうしても職種的に自分には無理だった」

というのが本当の理由ですが、それが正しい答えかどうかは分かりませんでした・・・。

「もっとやりがいのある仕事を求めて・・・」

みたいな感じがよかったのかもしれませんね。

転職の理由を納得してもらえるか?

それから、また何度か転職してました。

理由は、キャリアアップを目的としたときもありますし、在職していた会社の社風に強い不満があった場合もあります。

転職活動を行うこと自体は、転職回数を重ねるたびに慣れてきます。

しかし、採用面接の時に面接官は、私の転職回数の多さについて必ず質問してきますよね。

やはり転職回数が多いと、せっかく採用しても3年程度で辞めてしまうのだろうと思われるようです。

ですから、過去の転職理由は納得性の高い内容でなければいけません。

逆にいえば、納得してもらえる説明ができない状況だと判断すれば、転職活動をすべきではないですよね。

転職って思いきりと思い込みが大切

数回転職をした私が言っても、説得力はありませんが(笑)、転職は、そもそも気軽に出来るものではありません。

キャリアも実績もある人は、ヘッドハンティングなどで余裕のある転職なのかもしれませんが、
普通の人が職場が合わなかったり、仕事が面白くなくなったり、給料がもう少し欲しくなったりして転職しようとしても、上手くいく保証はありません。

でもそんな不安を持ったまま生活する方がよくないと、私は思います。

だからそう思ったら、思いきって転職するしかないのです。

そして、「自分はきっと転職に成功する」と思い込むことも大事ですよね。

もちろん転職活動は、今勤めている会社にいながら進めれば、リスクはないですからね!

コメントは受け付けていません。