スポンサードリンク


イオン銀行はATMがたくさんあるのがうれしい

イオン銀行は店舗を展開し、融資も行う

イオン銀行はイオングループが開業した銀行です。

そしてイオン銀行は、セブンイレブンの子会社のセブン銀行と比較をされることが多いですが、この両者の違いは明確です。

セブン銀行は無店舗ですが、イオン銀行はイオンモールやイオンショッピングセンターの中に店舗を開設しています。

そしてセブン銀行はほとんど融資を実施していませんが、イオン銀行は住宅ローンやカードローンが充実していて、一般消費者への融資姿勢は積極的です。

スポンサードリンク

イオン銀行は、従来からある銀行と同様のビジネスモデルで成功を収めていると言えますね。

イオン銀行の利用者

そして、イオン銀行の利用者は女性の方が多いのではないかと想像します。

というのも、普段の食料品や日用品の買い物の際に、女性がATMを利用しているのをよく見ているからです。

窓口にいるのも、女性が多い気がします。

ただもちろんイオン銀行は、男性にも使い勝手の良い銀行です。

実際、男性の私もよく利用していますので(笑)

イオン銀行はATMがたくさんあるのがうれしい

そしてイオン銀行のいいところは、ATMの数が多いところですよね。

今現在で約5,000ヶ所にあるそうで、イオンやマックスバリュの店内だけでなく、ミニストップにもあります。

イオン銀行の口座であれば、24時間ATM利用料が無料というところもいいですし、提携ATMでかかった引出し手数料金がWAONポイントとして還元できます。

夜間や休日に現金が必要になることも多いものですが、イオン銀行なら手数料を気にせず利用できるところがありがたいです。

買い物のついでに引き出したり振り込んだりできて、特に主婦の方には使いやすいと思います。

また、振り込みもイオン銀行の口座からイオン銀行の口座へする場合は、365日24時間無料で利用できます。

イオンカードセレクトを有効活用

さらに、クレジットカードとキャッシュカード、電子マネーのWAONの機能が一体となった「イオンカードセレクト」。

イオン銀行では、16年7月現在イオンカードセレクトに申し込む事で金利が0.12%になります。

イオンカードセレクトは、クレジットカードで支払う金額がイオン銀行の口座から引き落としになるシステムです。

さらにWAONのオートチャージシステムを使用することで、追加のWAONポイントももらえるキャンペーンを行っているとのことです。

とにかく、イオンをよく利用する人に、お得なサービスが多いので、このイオンカードセレクトも踏まえ、イオン銀行の口座はあると便利ですね!

金融店舗の未来戦略 [ 丹羽哲夫 ]
価格:1944円(税込、送料無料)

コメントは受け付けていません。