スポンサードリンク


結婚式に参加するならある程度割り切る

結婚式の準備は大変

そして結婚式の準備は、どのカップルもささいなことを含め、一度は喧嘩するというほど大変なものですよね。

私も共働きで準備を進めていたため、招待客リストや席次表など、提出しなければならないものが毎回のように間に合わず、提出前日は夜更かしして仕上げたり、期限を延ばしてもらったりとなかなかご迷惑をおかけしました・・・。

また、決めることがたくさんあり、妻ともちょっとした言動にいらっとしたり、大きな喧嘩はなかったものの、何回も喧嘩寸前までいくことがありました。

スポンサードリンク

でも、準備は大変ですが、当日は多くの人に祝福してもらえ、本当に幸せな1日を過ごすことができました。

やってよかった結婚式

それこそ結婚が全く具体的でなかった学生の頃は、「結婚式なんてお金がかかるし、準備が何かと大変だしやりたくない」と、正直思っていました。

だけどいざ結婚しようと決めたら、相手の家族や交遊関係など考えるとやっぱりやるべきだなぁ、と思い結婚式を行いました。

もともとやりたくない派だった私ですが、準備を始めると、先ほどお話した通り大変ではありましたが(笑)、結婚式が楽しみになりました。

そして結婚式は、これまで目立つ事もなく平凡な人生を送っていた私が初めて主役になり、みんなに祝福してもらえました。

自分がそのような思い、経験をしたので、それからは「結婚式なんてやりたくない」と言っている人に会うと、ついつい「やった方がいいよ!」と口を出してしまうようになりましたね(笑)

結婚式に参加するならある程度割り切る

ある程度年齢を重ねると、結婚式といえばおめでたいことは分かっているのですが、祝う気持ちよりも祝儀代が・・・と、お財布の心配をする人が多いのではないでしょうか?

そのような場合、そういう気持ちはとりあえず置いといて、どうせ参加するのですから、結婚式そのものを楽しむように気持ちを切り替えることが大切ですよね。

旧友との再会を楽しんだり、料理を楽しんだり、新郎新婦やご家族の幸せを眺めたり、式場を楽しんだりと、いろんな視点で楽しむことが憂鬱にならないために大切です。

結婚式の楽しみ

結婚式の楽しみと言えば、お嫁さんのウェディングドレス、ではなくやはり料理だと思います。

男ですので(笑)

家族を持つと、なかなか友人とカフェやレストランに行くこともなくなり、妻以外の人がが作ってくれた料理を口にすることがありません。

なので結婚式での料理は特別で、かつ高級な食材でのコース料理なので毎回とても楽しみにしています。

料理に合ったお酒を選ぶのも楽しみで、飲み放題のお酒のいろんな種類を飲み比べるのも楽しみの一つです。

結婚式は、綺麗に着飾ってオシャレしてお食事を楽しむ(笑)、素晴らしい行事ですよね。

子どもの結婚式親の心得と挨拶 [ 岩下宣子 ]
価格:1080円(税込、送料無料)

コメントは受け付けていません。