スポンサードリンク


エルメスのスカーフが毎年の誕生日プレゼント

エルメスの商品の幅広さ

フランス生まれの高級ブランド・エルメスでは、スカーフや時計などの服飾品が有名ですね。

「カレ」と呼ばれるスカーフは、自分用にも、ギフト用にも長く人気がある商品です。

またエルメスで扱っている商品は、服飾品のみならず、テーブルウェアの世界にも広がっています。

スタイリッシュなテーブルコーディネートを可能にするプレート類や、普段遣いにもぴったりのマグカップやティーカップなど、食卓で活躍するテーブルウェアが多数あります。

スポンサードリンク

「HERMES」と書いて「エルメス」

ちなみに「HERMES」と書くけれど「エルメス」と発音することでもおなじみですね(笑)

私はフランス人の友人がおりまして、彼女との会話は英語でします。

(私の英語はかなりつたないですが・・・笑)

彼女は「お腹が空いた」という時にいつも「アイム、アングリー(私は怒っている)」と発音します。

本当は「ハングリー(お腹が空いた)」と言いたいのだと思うのですが、フランス語は「H」を発音しないようなのです。

なので私「HERMES」のロゴを見るたびに、Hを発音しないフランス人の友人のことを思い出してしまいます。

エルメスのスカーフが毎年の誕生日プレゼント

そして

「エルメスと言えば、スカーフ」

乗馬が日常的なスポーツではない大多数の日本人にとっては、エルメスにこんなイメージを持つ人が多いでしょう。

エルメスのスカーフ生地は肉厚でずっしり感があるため、涼しい季節でも湿度が高く、蒸し暑くなりがちな日本では、首元に巻いているのが苦しい感じがする時があります。

ですが、エルメスの生地は上質なので、身に付けていると、その人を格調高く見せてくれますよね。

ちなみに私の母はエルメスのスカーフが大好きで、毎年、父からの誕生日プレゼントはエルメスのスカーフです。

もう数十枚はあると思いますね!

エルメスのバッグの素晴らしさ

そして最近は、「エルメス=バッグ」という印象も強くなってきました。

やはりバーキンなどは、女性の憧れですよね。

ちなみに、妻ももいつかバーキンを買いたいと言っていますが、やはり値段がとても高いので、今の所は夢のまた夢のようです。

ただ妻は、エルメスのカバンの中でも比較的手に入れやすいお値段の、ピコタンというものを一つ持っています。

私から見ても、エルメスのカバンの革の手触りは他のブランドとは全く違うと感じました。

滑らかで上品、やはりカバンの王様と言われるのは伊達ではないですね!

私の収入がもう少し増えたら(笑)、ぜひエルメスのバッグをプレゼントしてあげたいです!

もう少々お待ちを(笑)

コメントは受け付けていません。