スポンサードリンク


シャネルのブランド力はアジアでも絶大

シャネルは母と妻が愛用

シャネルはいわずと知れた一流ブランドです。

様々な商品があり、洋服、バッグ、アクセサリーなど、特に女性の心をつかんで離さないですよね。

私が初めてシャネルというブランドの存在を知ったのは、母が持っていた香水でした。

シャネルの19番、それはとても良い香りで、私も勝手に時々付けていました(笑)

これが、シャネルを好きになったきっかけですね。

スポンサードリンク

そして妻がシャネルの物で愛用しているのは、ロングセラーで人気のマトラッセというバッグです。

カジュアルな場面でも、少しきっちりしたシーンでも、どちらのコーディネートにもハマる優秀バッグだと、妻の評価は高いです!

私もそんな家族の影響からか、シャネルにはよいイメージを持っていて、街であのシャネルマークを見ると、
なんだかテンションが上がってしまいます!

シャネルのノベルティが凄く良い

そして妻は、シャネルのノベルティ(非売品のオマケ)が素晴らしい出来なので、いつも注目しています。

もっぱら、シャネルの製品を購入した顧客に販促物として無料で配られている、化粧ポーチやポシェットの類なのですが、可愛くてデザインの完成度が高い物が多いのため、それだけのみ買いたくなってしまうそうです。

オークション等で販売されていることもありますが、できれば直接ショップで手に入れたいですよね。

ただシャネルの商品はどれも高価なので、なかなか気軽に買うことはできず、これがまた妻を刺激しているようですね(笑)

シャネルのブランド力はアジアでも絶大

そしてシャネルは日本人はもちろん好きですが、アジア人はそれを上回るくらい大好きなようですね。

特に中国人の富裕層はシャネルを持つ事がステイタスいなっているようです。

ちなみにテレビで見ましたが、アジア人に人気のデザインは、昔バブルの時に流行ったような感じのものらしいです。

もしお手元に眠っていたら売りに出すのもいいかもしれませんよ!

昔の思い出が詰まったシャネルの財布

実は、昔付き合っていた女性から、誕生日のプレゼントとしてシャネルの財布をもらったことがあります。

男性の私が持っても違和感がなく、とても気に入っていました。

その女性とは残念ながら別れてしまい、別れた時に思い出となる写真などは捨てたのですが、その財布だけはもったいなくて捨てることができませんでした。

というのも、シャネルは他のブランド品に比べて、割高です。

同じような形の財布であっても他よりも2割は高いですね。

なので、そんな高価なものを捨てるのは気が引けたのです・・・。

今となってはよい思い出ですね!

コメントは受け付けていません。