スポンサードリンク


ハイセンスなブランド、グッチの小物系がいい

大好きなグッチの魅力

私はグッチというブランドがとても好きです。

グッチはイタリアのファッショブランドで、高級感があってとても素敵ですよね。

老若男女問わず支持されています。

そしてデザインがシンプルものが多いので、どんな洋服に合わせることもできます。

カジュアルにも持てるし、フォーマルな場面にもマッチしますしね。

スポンサードリンク

それでいて、そこまで値段が高くないところが気に入っています。

(もちろん安くはないですが 笑)

また布地でできているものが多く、本革ではないので、雨の日なども気にせず持つことができますし、扱いやすいのが良いですね。

元々は革製品の製造

そしてグッチは、世界初、デザイナーの名前を入れて商品を販売したブランドなんですよ。

グッチオ・グッチさんがフィレンツェに創業したのが始まりで、当初はバッグや馬具などの革製品を製造からスタートしたそうです。

そこから高級ブランドの地位を確立し、日本にも進出。

一時期は、日本での人気も凄まじいものがありましたね!

はい、私も完全にその流れに乗っていましたので(笑)

グッチのGG柄

そしてグッチといえば、あのGG柄ですよね。

かなり上品な印象で、人気は長期に渡っています。

そして、2シーズンくらい前からデザイナーが変わったことにより、アパレルの印象が大きく変化しています。

中世の伝統的なテキスタイルをベースにした、神話的な花柄の世界がとても素晴らしくて、「同じブランドなのに、バッグとアパレルではこんなにも雰囲気が変わるの?」と思ってしまいます。

柄のモチーフは、かなり西洋的な扱い方なので、美術的に興味深いですね。

初めてのグッチ

私が初めて買ったグッチの商品は、大学生の時に初めて買った時計で、グッチの「チェンジベゼルウォッチ」でした。

ベルト部分がゴールドのカチッとしたブレスレットみたいな輪っか状になっていて、文字盤の周りの色を変えることができる時計です。

当時はものすごく流行っていて、周囲に5人くらいはこの時計をしていたように思います。

私もしっかり、それに乗っかってしまいました(笑)

それから、ローファーを買い、財布も買い、そして服も買うようになりました。

当時はバイト代をほとんどつぎ込んでいましたね(笑)

ハイセンスなブランド、グッチの小物系がいい

そして今、いわゆるアラフォーと言われる世代になって、やはりグッチでは
ハイセンスな小物類が好きですね。

キーリングやマネークリップ、手帳などは愛用させてもらっています。

最近ではiphoneなどスマートフォンのケースでいいものを見つけたので、次に狙っていきます!

グッチの戦略 [ 長沢伸也 ]
価格:2808円(税込、送料無料)

コメントは受け付けていません。