スポンサードリンク


遊戯王が大人にも人気な理由を考えてみる

遊戯王の長期的な人気はすごい

私が小学生の頃に遊戯王の漫画が始まったのですが、カードゲームが出るとクラスの男子は一斉にハマりましたよね

「誰がレアカードを持ってる」

とか

「どこのお店が出やすい」

とかそんな話で一日中盛り上がっていましたね。

スポンサードリンク

当時は2,3年でブームは去ると読んでいた人も多かったようですが、今になっても流行っていますので、遊戯王の長期的な人気はすごいですよね。

最初は漫画からのスタートでしたが、子供たちの間で大ヒットして、アニメ化されたり、トレーディングカードゲームが発売され、そしてカードゲームは、世界で一番売れたカードゲームとしてギネスブックにも掲載されています。

ちなみに私は、遊戯王がゲームボーイのゲームになった時には、即買いしましたね(笑)

10代に人気のカードゲーム

まず遊戯王は、10代に人気のあるカードゲームと言えますよね。。

遊戯王は、モンスターを召喚し、相手のモンスターやプレイヤーにダメージを与えていき、最終的にどちらかのライフポイントが0になるまで続きます。

モンスターには、攻撃型、防御型、融合モンスターが存在し、さらに特殊効果を有効活用することで、相手を攻撃しやすくしたり、味方を防御する効率が上がったりします。

この辺りのアクション性は、子供にはたまりませんよね!

遊戯王が大人にも人気な理由を考えてみる

そして遊戯王は、子供だけではなく、大人でも結構な割合でハマっている人がいますよね。

大人は仕事をしていて、子供よりお金があります。

なのでパックの新弾が出ると、箱買(1箱3000~4000円程度)をする人が多いようです。

そんなハマッてる大人達を見ていると、子供の頃の気持ちに戻ることができたり、イラストが好きだったり、デッキを作るのに頭使ったり、宝くじのようにカードが当たるか賭けたりなど、遊戯王には色々なハマる要素があることがより分かりますよね。

遊戯王の人気はまだまだ続きそうですね!

カード価格も高騰

そしてその人気を表しているのは、遊戯王には、現在1枚の価格が20万円以上もするというプレミアのついたカードが何枚もあります。

ちなみにここまで高騰する一番の理由は希少価値ですよね。

世界大会で配られた、世界で何十枚しか存在しえないカードたちは当然価格も上がりますものね。

また現在のカードでも1枚1000円するカードもあります。

カード1枚1枚の原価は数円でも、クリエイター達のイラスト力、カードの効果の強さなど、カード以外の所で価値が発揮されます。

しかし、そもそもただのカードなわけですので(笑)、それだけの価値がつくということは凄いですよね!

コメントは受け付けていません。