スポンサードリンク


ウルトラマンと進撃の巨人の共通点

ワクワクが止まらない

進撃の巨人は世界観が素晴らしくて、これほど読んでいてワクワクさせられた作品は、久しくありませんでした。

登場するキャラクターも魅力的で、完全な脇役だと思っていた人物が実は物語の重要な役割を果たす人物であったり、さまざまな伏線が張られまくっていて、とてもよく考えられたストーリーだと思います。

巨人が地球上に現れ、人々を食べていきます。

スポンサードリンク

そしてそれに対抗する人間の勇敢な姿を垣間見る事が出来ます。

まさに生への執着と言えますよね。

平和ボケしたこの世の中、「自分の体は自分で守らなきゃいけない、常に巨人の危険と戦わなくてはいけない。」、そんなぎりぎりな状況で人間の真価が問われる漫画です。

何のために戦って、何で壁の中で生活をしないといけないのか、少しずつ明らかになってきましたね。

先が気になってしまって、今では毎月別冊マガジンで読むくらい好きです!

好きなキャラクターはエレン

私が好きなキャラクターは、やっぱり主人公のエレンですね。

ストーリーも主人公のエレンが調査兵団に入団するところから始まり、同じ調査兵団の仲間とともに、次々と襲いかかる巨人を討伐していくというところが最大の魅力で、巨人を倒す時に空中へと飛ぶことができる装置など、ありとあらゆる道具や武器が迫力を増しています。

そんなエレンには、深い謎が隠されていそうですからね・・・。

これからが楽しみです!

愛の行方も気になる

進撃の巨人と言えばもちろん、巨人との戦いにドキドキさせられるわけですが、私は密かにエレンとミカサの今後にドキドキしています。

エレン大好きなミカサは、エレンを心配するあまり、作戦時などもいつもエレンに付いていこうとします。

それなのに超鈍感なエレンは「俺を信用していないのか!」と怒ります。

でもミカサもミカサで、自分の気持ちにどこまで気づいているのか微妙なところです。

まだ15歳の思春期真っ只中。巨人との戦いがなかったら、告白だの付き合う付き合わないで騒いでいても当たり前の歳。

今後成長とともにエレンの鈍感さは改善されるのか、ミカサの気持ちは伝わるのか、とても楽しみです。

ウルトラマンと進撃の巨人の共通点

そしてふと、ウルトラマンと進撃の巨人の共通点を見出してしまいました。

それはズバリ主人公が変身するということですね。

ちなみに、

「仮面ライダーやウルトラマンなど、特撮ものと呼ばれるジャンルに影響を受けた」

ということは、作者の諌山創先生がインタビューなどで語っているそうです。

あまり意識はしていなかったのですが、このような要素も取り入れられているので、人気が高いのかもしれないですね!

※進撃の巨人に関する書籍は、下記楽天市場から購入できます。

 

コメントは受け付けていません。