スポンサードリンク


楽天の動きにおける時代の最先端

買収で拡大し続けている

楽天は1997年に設立されて以来、あっという間に巨大企業へと成長しましたよね。

楽天市場から始まり、今は金融・旅行産業・車・美容とありとあらゆるものを取り扱っている感じです。

具体的には、

楽天カード
楽天銀行
楽天証券
楽天モバイル
楽天イーグルス

スポンサードリンク

この辺りの知名度が高いですよね!

そのほとんどは買収によって広げてきたもので、経営能力と事業展開は素晴らしいとしか言いようがないですね。

やはり代表である三木谷さんの手腕がすさまじいのでしょうね。

そしてさらに素晴らしいのは、それらの様々なサービスをリンクさせてきたということです。

インターネットの世界と実店舗・実生活をリンクすることで、生活上のほとんどど全てのサービスをカバーしている企業というイメージが強くなりました。

もちろん楽天は、私の生活に欠かせない存在となっています。

楽天の創業者一族は、今でも大株主

そして楽天の株主名簿を見てみると、いまでも創業者一族で40%近い株式を保有していることに気がつきます。

一般的には、企業は規模が大きくなるにつれて資金需要が増加しますので、次々に増資をします。

そのため創業者一族の保有株式比率は減少するのですが、楽天は公募増資をすることなく成長を続けていますので、創業者一族の株式保有比率がいまでも高いのです。

楽天株式会社で働いてる人って?

そんな楽天株式会社の社員って、どんな人が働いているのか気になりませんか?

実は楽天は全社員をWEB上で全社員のプロフィールを紹介しています。

部署、部門に分けて新卒入社か中途採用なのかも全部わかりますし、プロのカメラマンが撮影したと思しき画像ですごいですよ。

楽天の動きにおける時代の最先端

もう今では、「楽天」という企業を知らない人は日本にはほぼいないのではないでしょうか?

私は楽天の顧客の取り込み方が実に最先端であり、時代に合っているなといつも思います。

ネットを網羅し、野球球団を持ち、個人相手ではなく企業向けの取り組みもされています。

世間が話題にする分野には、必ずと言っていいほど参戦し、顧客を得る楽天という企業は、今の時代の最先端の企業ではないかと思いますね。

楽天ポイントを見るのが楽しく

そして私は、毎月の楽天ポイントがどのくらい貯まったのかを確認する作業が大好きです(笑)

というのも、楽天ポイントは楽天グループのサービスを使っていると、いつの間にか貯まっていて、
それをまた楽天グループ内のサービスで友好的に使えるので、うれしいんですよね。

正直、楽天ポイントを貯めようと意識してはいないのですが、気づけばちょっと買い物できるくらいは貯まっています。

これがあるので、楽天からはもう離れられそうにありませんね(笑)

成功のコンセプト

新品価格
¥1,512から
(2016/7/6 12:39時点)

コメントは受け付けていません。