スポンサードリンク


将棋と囲碁の違い

将棋の面白さ

将棋との出会いは小学生の頃、父親が好きだったので教えてもらったところからでした。

最初は当然負け続けましたが、中学生になる頃には勝ち越せるようになりました。

私が勝つことが多くなったら、父親は対戦するのを嫌がり始めて、父親とは指さなくなりました(笑)。

将棋って運の要素もないし、先手後手の優位さもほとんどどないので、負けると悔しいんですよね。

ただ、自分が弱かったから負けたっていう事実を、しっかり受け止めなければならないです。

スポンサードリンク

まあ、勝つと無茶苦茶優越感に浸れますが(笑)。

自分の戦法は四間飛車、美濃囲い専門です。

後手番でもハンディなく駒組みできますので。

将棋と囲碁の違い

あと、よく将棋と囲碁は比較されますが、それぞれの良さはもちろんありますが、個人的には将棋の方が始めやすいと思います。

というのも、将棋は初心者でも負けた原因が何となく分かりますので、だから勉強しようと思います。

ただ囲碁の場合は奥が深すぎて、初心者のうちは何で自分が負けたのか、分からない所がありますからね。

だから面白くなる前に辞めてしまうかもしれません。

なので、まずは将棋から入って、次に囲碁にも挑戦するとスムーズなのではないでしょうか。

ネット将棋のプレイの利点

そし最近私は、専ら将棋をネットでプレイしています。

ネット上には様々な将棋ゲームがあるため、その日の気分によってプレイするゲームを変えています。

将棋ゲームの利点は対戦相手も変えられるということですね。

私の身近には将棋をたしなむ人があまりいないため、対戦相手がいつも同じになってしまいます。

その点ネットでのプレイだといろんなタイプの強敵との対戦を楽しめるため、ネット将棋は楽しいのです。

それにコンピューターが相手だと強さもこちらで設定できるため、同レベルの敵との対戦を楽しめるというのも利点の一つです。

そして最近のネット将棋はよくできていて、コンピュータ相手でも人間と指しているような感覚ですし、脳トレにもなりますからオススメですね。

妻との将棋

子供の知育のために一昨年購入したドラえもんの将棋セット。

私の妻は将棋をやったことなく大人になりましたので、当初は子供と私の将棋遊びを「なんのこっちゃ?」という感じで見ていたのですが(笑)、
ある日気になったのか、

「私も将棋をやってみたい!」

と言ってきました。

なので詰将棋のルールを教えて早速対戦。

終わったのは、気付いたら夜中の1時でした(笑)

当然勝ったのは私で、妻は負けると信じられないくらい悔しそうにしていましたが、一息つくともう一戦挑戦したい気分になったようで、何戦もお願いされました。

それから2年が過ぎましたが、何戦やっても妻は一勝もしたことがありません(笑)

ただ妻いわく、

「悔しくて止めたいと思っているのに止められない。将棋って変な魅力があるわね!」

と言っています。

コメントは受け付けていません。