スポンサードリンク


個人的には日刊スポーツの野球記事が好き

日刊スポーツは毎日発行

日刊スポーツは、日刊スポーツは、毎日発行されるスポーツ新聞です。

一面と二面、三面、裏一面、芸能面は、カラー印刷になっています。

そして野球やサッカーなどのスポーツだけでなく、話題の社会ニュースや芸能ニュースなども取り上げている新聞です。

そして芸能面に記載されている、0学占星術という占いは、良く当たるとテレビでも紹介され他こともありますね。

週末は、JRA主催の競馬の馬柱を全レース分掲載され、しかも見やすい配置で便利です。

スポンサードリンク

コンピ指数が掲載され、予想に役立ちます。

元ジョッキーの予想や最終追いきりのタイムも掲載されていて、情報量が豊富ですね。

夏は高校野球の記事が熱い

そして特に、今の夏の時期に日刊スポーツが熱くなるのは、高校野球ですよね。

その内容を見れば、プロ野球はもちろんですが、高校野球の取材にも力を入れていることが分かります。

本番の試合前の、地区大会の段階から記事が載っていますからね。

日刊スポーツは、スポーツに対してとても真面目に向き合っているなと感じます。

夫婦で日刊スポーツを読んでいる

日刊スポーツは私が好きなので、よくが妻コンビニで買ってきてくれます。

そして妻が好きなサッカーや競馬の記事は、特に夫婦そろって見ています。

よく子供が生まれる前は、妻と日刊スポーツの競馬の欄を読んで予想して楽しんでいましたね、懐かしいです。

日刊スポーツは競馬の情報がたくさん出ていて、妻にもわかりやすかったようで、予想が楽しかったです。

個人的には野球記事が好き

そして実は、私は日刊スポーツを自宅で定期購読しようか検討しています。

日刊スポーツの定期購読を検討するする前に、複数のスポーツ新聞を試読し、比較検討しましたが、その中で日刊スポーツが残りました。

理由としては、野球解説者の執筆の内容が面白いためです。

私は野球が好きなのですが、日刊スポーツでは

里崎智也氏
和田一浩氏
宮本慎也氏

などの元一流プロ野球選手がが書いておられる記事が面白く、大変参考になります。

単なる、後出し意見ではなく、理論建てて自分の言葉を記事にされているので好感が持てるんですよね。

将棋の王将戦を主催

また、これはあまり世間には知られていないと思いますが、日刊スポーツは将棋の7大タイトルのうち王将戦を主催しています。

将棋の王将戦は、約20年前に羽生善治3冠が7大タイトル全制覇をかけて、当時の谷川浩司王将と2年続けて死闘を繰り広げたことでも有名です。

将棋のタイトル戦のスポンサーになるところが、日刊スポーツのなんだか良さを感じますよね!

コメントは受け付けていません。