スポンサードリンク


コストコは海外にいる感覚

芸能人もよく利用しているコストコ

私がコストコを知ったのは、最初は芸能人のブログからだったと思います。

よく、

「コストコ行きました!」

という内容を見て、

「そういうところがあるんだ~」

と思ったのが最初でしたね。

スポンサードリンク

コストコは会員制

コストコの面白いシステムとして、「会員制」を導入しているところですよね。

ちなみに会費は、年間で4,000円です。

一見高いと思うかもしれませんが、倉庫型が特徴のコストコでは、量の多いお得商品が多数あり、かなりお得に買い物をすることができます。

なので、元は十分取れると感じている利用者が多いようです。

またコストコ側とすると、その年会費をいただくことによって、不良品の返金を受け付けられたり、商品の安定的な大量仕入れの資金にしているとのことですね。

ちなみにコストコの会員が友人にいれば、コストコの会員プラス2名まで一緒に入店できるので、その場合は自分が会員じゃなくても大丈夫です。

海外にいる感覚

コストコは、あの海外にいるような広い店舗が特徴的ですよね。

あのカートの大きさにテンションが上がります!

そんな中での買い物は注意、ついつい買いすぎること時間が経つのを忘れることですので(笑)

私も何度か行ったことがありますが、「今日こそは」と、買い物リスト持参で行くのですが、誘惑に負けて余分な物を買い予算オーバーとなることが、だいたい毎回でした・・・。

コストコの商品は量が多いので、買った後冷蔵庫に収まらないことも多く、よく周囲におすそ分けしています。

日用品も実はお得

コストコというと、「食品の大量買い」というイメージを持っている方も多いと思うのですが、実は日用品もお得です。

例えば、トイレットペーパーなどは安く大量に買えますので、自体にそれを置けるスペースさえあれば、積極的に買いたいです。

また家具もけっこういいものがお得に変えますよ!

子供にとってはテーマパーク感覚

そしてコストコに行くと気づくのは、子供たちも楽しそうにしているということです。

やはり子供にとっては、コストコは非日常の空間、テーマパークに行っている感じなんでしょうね。

大人の私でさえ、コストコにいると海外映画のワンシーンにいるような感覚すらありますからね。

大人にとっては、大量買いをすることによるストレス解消効果もありますので、家族で行けば一一石二鳥ですね。

私は沖縄在住ですが、沖縄にはまだコストコがないのですが、外人さんも多いので、おそらく需要はありそうです。

コストコさん、ぜひ次は沖縄に出店を!

コメントは受け付けていません。