スポンサードリンク


ニュースはツイッターで確認する時代

ニュースを見るのは、長年の日課

私は意識してニュースを見始めたのが、高校受験の時事問題対策のためでした。

しかし今では、今ではニュースを観ないと1日が終わらない気がするくらい、長年の日課になっていますね。

ニュースが話しのネタになる

そして友人との話のネタとして、ニュースの内容が出てくることも多いですね。

私はいいおじさんですので(笑)、この世代は特にそうかもしれません。

スポンサードリンク

今世間で起こっている問題とか、「こんなものが流行っている」とか、ニュースを見ておくと、話題が尽きる事なく話し続ける事が出来ますね。

ですから私にとってニュースは、友人とのコミュニケーションに欠かせないツールにもなっていますね。

ニュースはツイッターで確認

そして私の妻は、ニュースはもっぱらツイッターで見るようになっています。

ツイッターですと、どのようなニュースが注目を集めているのか、そのニュースについて他の人はどう思っているのか、などを見られるので面白いのだそうです。

そして自分でも、時々ニュースへの感想を呟いたりすることもあるようで、ツイッターをかなり有効活用していますね!

経済ニュースの難しさ

そして私が特に興味があるのは経済のニュースなのですが、経済のニュースは事実だけ知ったとしても、その背景やものの見方など全方向から理解しなければ分からないことも少なくありません。

そこが知的好奇心を刺激してくれるんですよね。

なので、経済ニュースを元にネットで詳しく調べたり、本を読んだりなどをよくしています。

頑張れ、ニュースキャスター!

そして今は、私の妻がツイッターを使っているように、ネットでニュースに接することが当たり前の時代になりましたよね。。

そうなると、いわゆるテレビ番組としてのニュースはどこまで必要とされているのでしょうか?

政治経済、社会問題からスポーツまで網羅的に見せるという手法ももはや前時代的かもしれませんね。

ただ、テレビ番組としてのニュースのアドバンテージは今でも当然あると思っていまして、その大きなところが、ニュースキャスターの個性でしょう。

そういう意味では、長年報道ステーションを背負ってきた古舘伊知郎さんのような強力なキャスターにどんどん登場してもらいたいですね。

当然テレビ局のそのことは意識して、これからのニュースキャスターを育てていくんだと思います。

頑張れ、ニュースキャスター!

最近の大きなニュース、「イギリスのEU離脱」

そして、この記事を書いている現在で、世間を騒がせているニュースは、

イギリスのEU離脱

これです。

元々イギリスは、通貨もユーロではなくポンドをそのまま使っているなど、他のEU加盟国とは少し違いがありましたが、全世界の経済に影響するこのニュースは衝撃でしたね。

学校の社会の教科書も大部分変わってしまいそうです。

「イギリスがEUを離脱する」という国民投票結果が出た当日の世界の株式市場は大荒れとなり、日経平均株価も1000円以上下げて15000円を割り込みました。

為替も円高が進んで、一時1ドル100円を割り込みました。

私たちの生活にも影響かあるのか、これから注視していきたいところです。

※ニュースに関する書籍は、下記楽天市場から購入できます。

 

コメントは受け付けていません。