スポンサードリンク


ふるさと納税は双方にメリットが大きい

ここ数年、かなり話題になっているふるさと納税。

まず、ふるさと納税とはどういうものなのでしょうか?

ご説明していきますね。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、その言葉通り、

「自分の故郷、ふるさとに税金を納める」

ということではなく、自分が税金を払って貢献してあげたいと思う、市町村への寄付金のことなんですね。

スポンサードリンク

特産品などをもらえるメリット

ふるさと納税の大きなメリットと言えば、お礼にもらえるその市町村特有の特産物などですよね。

例えば、山形県の米沢市であれば、お米ですとか、同じく山形県の天童市であれば、さくらんぼ。

佐賀県上峰町では、おいしそうな黒毛和牛、北海道根室市のかに、沖縄県東村のマンゴーなど、聞くだけでよだれが出そうなものもたくさんあります。

正直、普通にお金を払ってそれらを購入するよりお得だと、ふるさと納税を選択する人も少なくないようですね。

過熱しているふるさと納税

このようなことから、ふるさと納税の人気は過熱しています。

そしてブームに乗って、「ウチにも寄付を!」という自治体が急増し、競争が激しくなっているということもあるようです。

そのため、パソコンやなんとと宅地をプレゼントしようとするちょっと過剰な特産品が問題にもなっているようです。

また、特産品を豪華にしすぎたあまり、いわゆる「持ち出し」になってしまっている自治体もあるとか。

ふるさと納税を行った場合は確定申告の必要あり

ポイントとして押さえておかなければいけないのは、ふるさと納税を行った場合は、確定申告を行う必要があるということです。

具体的には、ふるさと納税を行うと上限はありますが、寄付金のうち、2,000円を除く全額が控除できるんですね。

しかしそれを確定申告で申告しないと、税金は戻ってこないんです。

なので、ふるさと納税を行った場合は、忘れずに確定申告を行いましょうね。

基本的にふるさと納税は双方にメリットが大きい制度

ふるさと納税については、当然賛否両論あると思うのですが、私としては、ふるさと納税を行う個人、そして市町村の自治体、双方にメリットが大きい制度だと思っています。

個人としては、2,000円という少額で様々な自治体の特産品をゲットできる機会ですし、

自治体としても、ふるさと納税によって、その街を多くの方に知ってもらえる機会ですよね。

ふるさと納税がきっかけで、実際にその街に旅行に行く、なんていう人も増えるはずですからね。

ちなみに私はまだ、ふるさと納税を行ったことはないのですが、とても興味があります。

まず狙いどころとしては、北海道のかにあたりですかね(笑)

家族と相談して、チャレンジしてみたいと思います!

コメントは受け付けていません。