スポンサードリンク


プリウスはとにかく静かで燃費が良い

ハイブリットの革命車、プリウス

プリウスの登場はインパクトがありまよね。

プリウスはトヨタが誇る、世界で初めての量産ハイブリット車です。

とても環境にやさしいということで、海外セレブでも乗っている人は多く、それも話題になりましたよね。

私の場合、プリウスが登場した当初は、

「ハイブリットって何だ?なんかすごそうだぞ・・・」

スポンサードリンク

みたいな印象しかありませんでしたが、友人がプリウスに乗り換え、それに乗らせてもらったことによって、大きな衝撃がありました。

とにかく静か

私がまず衝撃を受けたのが、「とにかく車内が静か」だということでした。

その前に、エンジンスタートがボタンなのにもけっこう衝撃でしたが(笑)、実際に助手席に乗らせてもらい、プリウスが走り始めると、

「え、エンジンかかってなくない?」

と思うくらいの静かさでした。

これには驚きでしたね。

何だか「車は自分だけの空間」という感じが強くなった気がしました。

「ガソリンが減らない」と言わせるほど燃費がよい

そしてプリウスと言えば、ハイブリッド車ならではの燃費の良さですよね。

その友人いわく、

「燃費が良すぎで、ガソリンが全然減らない」

ということでした。

ちょっと大げさかなと思っていましたが、実は数年前に実家の車もプリウスに買い替えたのですが、父も全く同じことを言っていました(笑)

なので、そのくらい燃費がよいということですよね。

ちなみに今、プリウスの公式サイトを見ましたところ、燃費はなんとリッター40.8キロだということです。

・・・もうよく分かりません(笑)

サーファーとしてはプリウスαも気になる

そして私は趣味がサーフィンなのですが、サーファーとしては、サーフボードなどをラクに入れられそうな、プリウスαも気になるところです。

たまにサーフィンのために遠出をするので、それこそ燃費は気になるところですが、プリウスαですと最新モデルで、リッター26キロ。

十分すぎるくらい十分です(笑)

デザイン的には、プリウスαはアリですね~!

プリウス=未来の車

プリウスはそれこそ今にも空を飛びそうなあのデザインもそうですが、機能なども踏まえて、

プリウス=未来の車

このイメージが強いです。

だからこそ、プリウスにはこれからもトヨタの最新技術をいち早く導入していってほしいですね。

ちなみにプリウスには、PHVという、電気でも走るモデルがありますが、最新モデルはすごいですよ。

なんと、というかついにソーラールーフをつけて、太陽光でソーラー充電できるシステムがあるようです。

もちろん世界発ですね。

そして、PHVの気になる燃費ですが、2.5時間充電すれば、なんとリッター60キロ走ります!

もう驚きません(笑)

電気自動車も今はまだ珍しいですが、それこそ10年もすれば当たり前になってきそうな予感がしますね。

コメントは受け付けていません。