スポンサードリンク


リクルートのおすすめフリーペーパー

株式会社リクルートは、正式名称をリクルートホールディングスといい、人材派遣や人材メディアなどのサービスを主に手がけています。

今回はこの超有名企業、リクルートについて詳しくご説明していきたいと思います。

スタートは大学新聞専門の広告代理店

1960年に創業された大学新聞広告社、それがリクルートホールディングスの始まりです。

人材を必要とする企業と、仕事を探す学生たちとを結びつけるための情報誌ビジネスをスタートさせました。

スポンサードリンク

その情報誌の名前は『企業への招待』、順調に事業は発展し、リクルートは全国の主要都市に営業所を設けました。

2000年代にはリクルートブランドを再構築

21世紀に入ると、真のカスタマーエージェントを実現することを目標に動き出しました。

既存の情報誌の充実はもちろん、フリーペーパーやインターネット、モバイルなどメディアの多様化に対応していきました。

リクルートのおすすめフリーペーパー

リクルートのフリーペーパー、多数存在することご存知ですか?

フリーペーパーと言えども、中身は充実して面白い内容の冊子、いくつかご紹介しますね。

1.ホットペッパー

CMでもおなじみのフリーペーパー、ホットペッパーシリーズ。

美容院、ヘアサロンにはホットペッパービューティー、グルメ情報ではホットペッパーグルメと、冊子以外にもネット展開も大規模に展開しています。

中でもホットペッパーグルメは、ネット予約利用者数ナンバーワン。

掲載店舗情報が充実していることはもちろん、おすすめグルメ情報も満載で、宴会幹事さんにも大変重宝しています。

私も何度も、宴会の幹事を務めた際はmホットペッパーにお世話になりました。

2.タウンワーク

リクルートで有名なフリーペーパーに、タウンワークもあります。

無料求人情報誌はいくつかありますが、タウンワークは勤務地を重視する読者にぴったりで、雇用形態にとらわれない幅広い求人情報が満載です。

ネット版も充実していて、検索しやすい表示方法や、多数の情報量により、求人を探す時に目にしない人はいないと言ってもいいサイトでしょう。

3.R25

25歳以上のビジネスマン向け無料雑誌である、R25。

手にしたことのある人は多いのではないでしょうか。

25際以上の男性ビジネスマンにターゲットを当てたフリーマガジン、当初はターゲット設定が珍しかったので、女の私も手に取ったほどです。

現在はネット版も充実しています。

政治・経済からスポーツ、エンターテイメントまで、幅広いジャンルのニュースを分かりやすく掲載しているので、フリーペーパーとは思えない程の情報量で好評配布中です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リクルート・江副浩正から学んだ「成長の経営哲学」 [ 幸田昌則 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/10/1時点)

コメントは受け付けていません。