スポンサードリンク


住友林業のモデルハウスがすごい

住友林業とは、元々は別子銅山の植林事業から派生して創業した企業で、木に特化した住宅サービスを通じて、豊かな社会の実現に貢献したいという経理理念を持っています。

CMもよく見ますが、とても素敵な木造住宅を造っているというイメージですよね!

今回は、そんな住友林業の魅力について、解説していきます。

住友林業のシンボルキャラクター、キコリンがかわいい

住友林業には木をモチーフとしたキャラクター『キコリン』はとてもかわいいですよね(笑)

スポンサードリンク

そして国内に自社保有林を持っていて、国産材を多く使用していることでも有名です。

住友林業と聞くと、憧れの木の家のイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。

シンボルキャラクターのキコリン、淡い木目模様がついていて、そんなイメージを上手にキャラクター化しています。

高級住宅というイメージ

住友林業の家のイメージとして多く挙げられるのが、価格が高い、高級でなかなか手が出せないなどの、高級住宅のイメージです。

一生に一度のマイホーム選だからこそ、奮発して高級住宅を、という消費者は多いため、『高いから売れない』なんてことはあまりないのが、住宅市場ですよね。

デザインの自由度が高い

住友林業の設計担当者は、一人一人のレベルが非常に高く、デザインや設備の自由度が高い設計が可能です。

『人と違ったものにしたい』というお客様からの様々なリクエストに、柔軟に対応できる体勢になっていますので、安心して家作りの要望を伝えることができます。

モデルハウスがすごい

住友林業のモデルハウスは、全国に300カ所ほど展開しています。

住み心地を想像しやすい間取り、家事導線、収納計画など、分かりやすく案内してくれます。

まだ全くプランの検討がついていないお客様にも、ライフスタイルによって適したプランを提案していますので、モデルハウスに行くと想像がだいぶ膨らみます。

構造が安心

住友林業が展開している住宅の耐震構造は『マルチバランス構法』『ツーバイフォー構法』『ビッグフレーム構方』など、数種類あります。

敷地や建物形式に応じて、適したタイプの構造を提案していますので、構造が強く、安心して生活できます。

最近CMでも打ち出した『ビッグフレーム構法』は、主要構造材に独自に開発した大断面集成柱(ビッグコラム)を使用し、優れた耐震性を保ちながら、設計の自由度を高めています。

木に特化した住友林業だからこそできる、安心で自由設計の家づくり。

気になる方は、お近くのモデルハウスをぜひ見学してみてくださいね。

コメントは受け付けていません。