スポンサードリンク


ベンツからレクサスに乗り換えられない訳

ベンツについて

ベンツと言えば、昔は怖い人が乗っているイメージでした。(Sクラスは特に)

ですが、最近のベンツは小型車やSUVに力を入れているようで、街中でも多く見かけますね。

特にAクラスは先代のかわいらしいモデルからうって変わって、スポーティで流麗な形へと生まれ変わり、人気があるのか本当によく見ます。

また派生モデルのGLA(AクラスのSUV版)も多く見かけます。

輸入車販売数では不祥事のあったVWを抜いたようですし、低金利などのローンや認定中古車の販売などで車の販売が好調だと思います。

スポンサードリンク

ベンツは今、日本における輸入車のなかでも一番勢いがあるメーカーだと思います。

この先も新たなモデルを投入するようですし、以前からの固定オーナーも多くいますし、今後も一層の期待が見込まれます。

ベンツからレクサスに乗り換えられない訳

トヨタの高級車、クラウンやレクサスブランドのLSからベンツに乗り換える人はいても、ベンツに乗っている人が、トヨタブランドに乗り換える人はあまりいないと言われますよね。

偶然、新車が出たタイミングや一部の新しい物好きは例外ですが、一度ベンツに乗ってしまうと、他のメーカーには浮気できなくなるようです。

なぜベンツなのかと言いますと、安全基準、高級感、走り、サービスなど、全てのパフォーマンスがずば抜けているメーカー、車であるということが大きいようです。

ゆえに一度ベンツを所有してしまうと、ベンツの優れた魅力に溶け込んでしまい、次もベンツ以外考えられなくなるみたいです。

もちろん日本のトヨタも、素晴らしい車を数多く作っています。

ベンツさまさま

数年前、ベンツのワゴンタイプに乗っていました。

そして何を思ったのか?

妻が「ベンツで韓国に行こう!」と言い出して、下関からフェリーで韓国に渡りました。

正直、日本から車でフェリーに乗って韓国へ渡るなんて、お仕事のトラックの方くらいしかいません。

当然、出国手続きも私と妻しかおらず、私たちの為だけに一般出国通路口を開けていただいたのを覚えています。

そして韓国の釜山について、観光地でない場所を走っている分には良かったのですが、ソウルの町に入った途端に交通事情が変わります。

とにかく車が多く、しかも一方通行も多かったです。

そんな中を慣れない運転で観光めぐりをする私たち。

まあお蔭様で、あちこち無事に観て回る事が出来ましたが・・・・。

数日の韓国旅行を終え、出国の際に、韓国から日本へ車でフェリーで渡るという一人の韓国人に出逢いました。

その人に私たちの韓国旅行の話をすると、

「それは凄い!初めてのソウルを車で観光して回ったんですか?韓国人の私でもソウルは怖くて運転できませんよ。ソウルは交通事故も多いですしね。素晴らしい!」

と褒められました。

後になって振り返ると

「スモークの入った大きなベンツで行ったのが正解だったのかもね?これが普通の車だったら、甘く見られて事故にあってたかもしれないよ。」

と妻。

確かにベンツというだけで、皆さんあまり近づいては来なかったかもしれません。

何はともあれ、ベンツのお陰で無事に韓国旅行に行ってこれたと思っています。

本当、ベンツさまさまです。

コメントは受け付けていません。