スポンサードリンク


JAの金融事業は高収益

JAについて

農業協同組合、通称農協。

日本において、農業者によって組織された協同組合です。

農業協同組合法に基づく法人であり、事業内容などがこの法律によって制限・規定されています。

そして、全国農業協同組合中央会が組織する農協グループを、愛称としてJAと呼びます。

戦後の農地改革の一環として、GHQは欧米型の農業協同組合を作ろうとしました。

スポンサードリンク

しかし、当時の食料行政は深刻な食糧難の中で、食料を統制・管理する必要がありました。

そのため1948年、農業会を改組する形で農協を発足しました。

JAの金融事業は高収益

そんなJAは、うまく収益を上げていると思います。

といっても名前が示す、農業関連での収益ではなく、現在のJAが収益を上げているのは金融事業だと思います。

JAバンクや住宅ローン、テナント貸しなどの不動産業、JA共済などの保険事業、などが挙げられると思いますが、この辺りの展開はさすがだと思いますね。

JAは、ほぼ全国の農家を網羅しているわけですから、もともとは農家向けの金融事業として開始されたJAバンクの取扱資金量は、メガバンクに匹敵する規模と言われています。

また、農家向けに保険を販売しているJA共済も同様で、大手の生命保険会社や損害保険会社と同等の保険契約を扱っていると言われています。

これほどの巨大な組織なわけですから、これから農業改革が実施されて、海外へ農産物がたくさん輸出されるようになれば、おそらく農家の所得は大幅に増え、その結果JAバンクに預けられる預金額はさらに増えていくものと予想されます。

また、政府の政策によって、JA共済の資金が株式市場に流入されれば、かなり株価も上昇するだろうと予想できるます。

意外だった友達の旦那さん

女友達に一人、ちょっと軽い感じの子がいます。

その子の彼氏になる男性は華やかな男性が多く、ショップ店員や美容師などオシャレな人ばかりでした。

どの彼氏も髪は長めだったし、おしゃれなパーマがかかっていて時間をかけてセットしている感じでした。

その女友達自身がとてもオシャレな子だったので、オシャレな付き合いができる相手が良かったのだと思います。

去年久しぶりに連絡を受けて、結婚が決まったという話を聞きました。

そして結婚式に参加したら、旦那さんが「JA」の職員だと聞いて意外な感じがしたのです。

やっぱり結婚となると、華やかさより安定を重視するのかな、と思いました(笑)

JAの職員であれば、まずくいっぱくれはないでしょうからね。

この辺りはしっかりの将来を見越したんだんだと思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

JAが変われば日本の農業は強くなる [ 杉浦 宣彦 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/8/28時点)

コメントは受け付けていません。