スポンサードリンク


コカコーラはアメリカではコーク

コカコーラ社は特別な優良企業

コカコーラは、私が子供の頃から飲んでいる炭酸飲料です。

この味は、コカコーラ社独自のもので、他社の追随を許さない独自性があると思います。

喉ごしの爽快感は格別ですよね。

そしてコカコーラ社は世界にビジネスを展開しており、業績は拡大する一方のようです。

今から約30年前には、世界的な投資家で有名なウォーレンバフェットが、コカコーラ社の株式を大量に保有し、しかも永久保有宣言をしたことでも有名です。

スポンサードリンク

つまりウォーレンバフェットは、コカコーラ社が永遠に業績を成長させ続けるだろうと考えているのだと思います。

あるいは、30年間や50年間といった超長期で保有すれば、コカコーラ社から得られる配当金だけでも、投資資金を回収できると考えているのだろうと思った次第です。

コカコーラの幅広い活躍

そしてコカコーラは、CM、プロモーションを非常に手広く行っており、1990年代ごろには、車体を赤く塗って、窓の下に大きくコカコーラのロゴを入れているJRの電車を、長野地方で走らせていたことがあったり、ゲームの世界では、スーパーファミコンやゲームボーイが圧倒的なシェアを誇っていた1994年に、

「颯爽少年英雄伝 コカ・コーラキッド」

というゲームを、セガから発売されていたゲームギアという携帯ゲーム機用のソフトを発売していたこともあります。

現在でもコカコーラのロゴ入りのミニカーは、ボトル輸送用のトラックやトレーラーのミニカーから始まり、イベントカーやロゴ入りのレースカーのミニカーなど、他の飲料メーカーとは比べ物にならない種類が発売されています。

コカコーラはアメリカではコーク

そして以前は、よく仕事でアメリカに行きました。

向こうでの食事は、当然ながら洋食がメインでした。

ピザやハンバーガ、ステーキ、ポテトと、気前よくいっぱいお皿に盛ってくれます。

そして、サイズもかなり大きいです。

そしてドリンクといえば、コークだったんですね。

ちなみにコカコーラは、アメリカではコークと呼ぶんです。

しかもこれまた、すっごくビッグサイズでした。

しかし、アメリカの人は水みたいな感じで、がぶがぶ飲んでいましたね。

年配の方でも、大きなキングサイズみたいなコークを飲んでいるのがすごかったです。

そしてコークは、アメリカ料理によく合うんですよね。

気候の良い日に屋外で、緑あふれる林の中で熱々のピザやポテトを食べたりするんですが、ビールを飲まない人はコークを飲んでいる人が多かったです。

コカ・コーラに友達登録

私はコカ・コーラの中でもコカ・コーラゼロが好きでよく飲むのですが、コカ・コーラゼロが出たばかりの時は、コカ・コーラとコカ・コーラゼロは、全然味が違うと言われていましたが、最近のものは、ゼロも普通のものも、さほど味が変わらなくなったと思います。

またコカ・コーラ好きが生じてLINEの友達登録をしたんですが、可愛いスタンプが貰えたので、とても良かったです。

また友達登録をすると、お得な情報やキャンペーン応募できるお知らせが来るので、かなりオススメですよ。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

コカ・コーラ流 100年企業の問題解決術 [ デビッド・バトラー ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2016/8/27時点)

コメントは受け付けていません。