スポンサードリンク


ミスタードーナツの運営企業は意外なあの会社

ドーナツ決戦に勝利した会社

ミスタードーナツは、ドーナツ専門店として長年ドーナツ業界に君臨しています。

近年、コンビニ業界の最大手のセブンイレブンが、店頭でのドーナツ販売を開始すると表明して、既存のドーナツ業界に衝撃を与えましたが、ミスタードーナツの客足が途切れることはありませんでした。

私の自宅の近くにも、ミスタードーナツの店舗がありますが、子供連れのお母さんや、学校帰りの高校生で客席は満席状態です。

一方のセブンイレブンなど、コンビニのドーナツ販売は苦戦を強いられているようです。

スポンサードリンク

消費者の誰もが想像もしなかった展開に、ミスタードーナツの商品力の強さに驚いている人が多いと思います。

ただ実際に、私は今もミスタードーナツでドーナツを持ち帰りで買って帰ることがあるので、今回のドーナツの戦いの結果には納得しています。

運営企業は意外なあの会社

英語のMr.やMrs.は、尊敬の念が込められた単語です。

そして、ミスタードーナツ の「ミスター」にも、 「ドーナツをつくる人を尊敬する」という意味が込められているんです。

これは、創業者ハリー・ウィノカー氏の人を大切にする心と、ダスキン創業者である鈴木清一氏の、人を大切にする心がふれあい、日本にミスタードーナツが誕生しました。

鈴木清一氏は、モップなどを売っている「ダスキン」さんを運営していました。

掃除とドーナツ、一見何の関係もないような事業ですが、当時は、フランチャイズという経営形態が確立していませんでした。

そして鈴木氏が渡米した際、この経営形態を学び、日本にもこの形態を取り込もうとして、経営を始めたという由来があるのです。

なので、日本ではダスキンが経営に携わっているんですね。

ミスタードーナツに行くなら楽天ポイントクラブ

そして、ミスタードーナツによく行く方なら、きっと楽天ポイントクラブアプリをお持ちでしょう。

お持ちでない方はすぐにインストールすることをお勧めします。

これは、楽天が運営するポイントがたまるアプリで、100円ごとに1円たまり、1ポイント=1円で使うことが出来ます。

会計時にスマホのアプリ画面を見せるだけで、即時ポイントがたまります。

たまったポイントはミスタードーナツで使うことも出来ますし、楽天市場などでも使うことが出来ます。

また、ミスタードーナツでのお得な使い方としては、たまにこのアプリに、ミスタードーナツのドリンク割引クーポンが配信されます。

ミスタードーナツには今独自のポイントがないので、お得に利用するなら、楽天ポイントクラブアプリはぜひ利用したいですね。

コメントは受け付けていません。