スポンサードリンク


修理はアップルストアで

アップルストアについて

アップルストアは、iPhoneやiMacなどを作っているアップルの直営店、及び技術サポートの拠点になります。

アメリカや日本、イタリア、ドイツ、フランス、オーストラリアなど世界中にあります。

また、「アップルストアオンライン」というオンラインショップがありますので、インターネットがつながる環境でしたら、どなたでも利用できます。

日本では、札幌、仙台、銀座、渋谷、名古屋などにあります。

スポンサードリンク

ちなみに、私はiPhoneを使っているのですが、アップルストアで購入しました。

新しいiPhoneの機種は並んで買う

そしてもうお馴染みですが、新しいiPhoneの機種が出るときに、アップルストアに何日か前から並んで買いに行く人が、よくテレビに取り上げられますよね。

また販売開始で店が開くと、アップルストアの定員がアメリカンなノリで盛り上がっているのも、すごい光景です(笑)

あの辺りは、アメリカの会社と言う感じがしますよね。

子供も大好きな場所

大人がアップルストアに長い時間滞在して、新しい機種をいじったりというのはよくあると思いますが、うちの子供たちもアップルストアが大好きです。

なぜなら、子供向けの低いテーブルにipadが置かれているキッズエリアで、自由にゲームが出来るのを知っているからです(笑)

最初は私の用事があった時、待っている間にゲームをさせていたのですが、それ以降は「ゲームがしたい」という子供の声でも行くようになりました。

また、無料のキッズ向けのワークショップが、8歳以上の子供を対象に開催されているとあるので、
もう少し大きくなったら予約をして体験させてみたいなと思っています。

倍率が高そうなので、上手い具合に予約が取れるかどうかは分かりませんが・・・。

修理はアップルストアで

そして、iPhoneなどアップル製品の修理は、アップルストアにお願いすることをオススメします。

というのは以前、私はiPhoneを落として、画面が割ってしまいました。

その時に一緒にいた友人が、安くディスプレイを交換してくれる友人を知っているというので、「友人の友人だし、正規より安く済むのなら」と思い、その人にディスプレイを交換してもらいました。

しかし、すぐに異変に気付いたのです。

iPhoneのスクリーンをこするとそこに淡い影が残るのです。

これはおかしいと思い、アップルストアに直接持って行き事情を説明し、ディスプレイの交換を依頼しました。

すると、「フェイクディスプレイなので影が出る」と。そして「オリジナルの壊れたディスプレイがのっていないとアップルストアでの修理は依頼できない」
と言われてしまいました・・・。

そのため、以前修理してもらった人に壊れたディスプレイをのせてもらいに行くことに・・・。

なのでそれ以降は、アップル製品の調子が悪いと、ちゃんとアップルストアに行くようにしています。

コメントは受け付けていません。