スポンサードリンク


お年寄りに優しい三越

三越について

三越は、本社が東京都中央区にあり、株式会社三越伊勢丹ホールディンクス傘下の、株式会社三越伊勢丹が運営する百貨店です。

1935年に竣工した日本橋本店は、東京都選定歴史的建造物に選定されているほかに、国の重要文化財に指定されています。

キャッチフレーズは「飾る日も飾らない日も三越」と「This is Japan」。

2000年よりジャイアンツフェスタを実地していますが、読売ジャイアンツの商標を使用してセールするには、読売新聞社への商標使用の許諾料を契約に基づいており、期間中はおたのしみ袋やジャイアンツグッズの販売する権利を得ています。

スポンサードリンク

皇室御用達の百貨店

そして銀座の三越は、皇室の御用達だそうですね。

おそらく皇族が買い物をする時間帯は、一般の顧客がいない時間帯か、開店する1時間前の時間帯あたりだと思われます。

もし一般客が大勢いる時間帯に買い物に訪れたら、フィーバー状態となってしまい、警護官や三越の社員の対応が大変なことになると思います。

私も三越の銀座店の中に入ったことはありますが、やはり歴史を感じますし、商品の品質と価格は、日本国内でもナンバーワンだと思わされました。

また、皇室関連の写真展など催し物も頻繁に開催しているようですので、三越の品格というものを感じさせられます。

株主優待でお得にお買い物

そして私は、三越の株主になっています。

三越の株を購入した理由は、株主になると株主優待が受けられます。

三越は三越伊勢丹ホールディングスとなっているので、三越以外に伊勢丹などでも商品を購入すると優待が受けられます。

100株以上保有していると5%の優待が受けられるのですが、セールになった商品からも5%オフになりますし、地下の食品売り場でも5%オフになるのでとってもお得です。

お年寄りに優しい三越

私は時々、友人や家族のプレゼント、お土産に持っていくお菓子等を買いに、日本橋三越に行きますが、行くたびにエスカレーターの速度が遅いことに気づくと、お年寄りに優しいなと思います。

若い人が行くマルイやルミネに比べて、とても遅くてびっくりしますが(笑)、客層の年齢が高めの人が多い三越では、一歩の踏み出しが遅い事を考えての速度だと思います。

それから、入口や各階の所々に休憩できるイスも多い気がします。

長く歩くと疲れるお年寄りを考えてかなと思います。

品揃えもそうですが、三越の包みでプレゼントをすると、特にご年配の方は喜んでくれますね。

なので銀座三越もいいですが、より落ち着いて買物ができる日本橋三越も素晴らしいと思います。

これらから歳を取っても、通いたい百貨店ですね。

コメントは受け付けていません。