スポンサードリンク


前年の所得が0円でも翌年、国民健康保険税の納付義務はある

国民健康保険とは

国民健康保険とは、日本の国民健康保険等を根拠とする、法定強制型の医療保険です。

主に市町村が運営し、医療保険事務上の略称は国保と呼ばれ、社保と呼ばれる被用者健康保険組合と区別されます。

日本の人口のうち27.5%が市町村国保への加入者、2.5%が国保組合の加入者です。

そして自営業の知り合いの話を聞くと、「国民健康保険は支払いが高い」と怒っていました(笑)

スポンサードリンク

確かに会社員ですと、半分は自分の給料からで後の半分は会社が払ってくれてるからいいものの、自営業は全額自分で払わないといけないですもんね。

国民健康保険を守らなければいけない

国民健康保険というのは、国民が気軽に医療機関に掛かるために、医療費の一部だけを負担すれば良いようにしてくれた制度です。

この国民健康保険の制度のおかげで、私たちは医療費の負担をあまり感じずに、医療機関を利用する事が出来ているのです。

しかし近年、高齢化社会の進行などにより、この国民健康保険制度の財政が火の車状態となって来てしまっています。

このままの状況が続いてしまいますと、国民健康保険制度の維持が難しい状況となってしまう恐れがあります。

ですから私たちは、日ごろから健康維持に尽力して、医療機関のお世話にあまりならないようにすることが大事です。

またジェネリック医薬品などを積極的に選択して、少しでも医療費を低く抑える努力も必要です。

国民健康保険は国民の健康を維持する為に欠かせない物でありますから、私たち一人一人が守っていかなければいけません。

前年の所得が0円でも翌年、国民健康保険税の納付義務はある

私の友人は今年、納付を義務付けられている国民健康保険税は、年間で12000円です。

つまり最低金額です。

なぜなら、昨年の友人の所得は0円だったからです。

所得がなくても、国民健康保険税は納付義務が発生するんですね。

健康な状態でさえ、健康保険のお世話になるのですから、将来重病に罹患したときは健康保険にかなり助けられるはずです。

ですから、国民健康保険税の納付だけは遅延させることなく支払い期限までに納付しようと考えています。

国民健康保険には助けてもらった

そして私は依然、とある理由で緊急外来の病院を受診することになったんですが、診察が終わり、支払いの際にある事に気がつきました。

それは私はちょうどそのとき、保険を別の物から国民健康保険に切り替える最中で、保険に入っていない状態になってしまっていたのです。

私は正直すごくあせりました。

10割の病因代では私には高過ぎて、生活費を圧迫してしまうと思ったからです。

仕方なく支払いを済ませようとした時に係の人に聞いてみると、なんと国民健康保険は入った後、さかのぼって適用するということも可能らしかったのです。

そこで今日の分は10割払い、後で国民健康保険の申請を行って、その保険適用した時との差額を後から受け取る事にしました。

国民健康保険には助けてもらい、感謝しています。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

国民健康保険 [ 結城康博 ]
価格:540円(税込、送料無料) (2016/8/18時点)

コメントは受け付けていません。