スポンサードリンク


出光は昭和シェル石油と合併する計画を持っている

出光興産について

出光興産は、出光佐三が創業した会社になります。

ちなみに百田尚樹が作者の、「海賊とよばれた男」の主人公である国岡鐡造のモデルとなったのは、出光佐三です。

会社の通称はご存知、「出光」ですね。

出光のガソリンスタンドが、我が家のすぐ近くにあるので、いつも出光でガソリンを補給していて、クレジットカードも出光カードを使っています。

ガソリンをお得な価格で補給できるので、とても重宝しています。

スポンサードリンク

通勤で車を使っていて、ガソリンの消費量が多いので、年間で数万円は節約できていると思います。

出光カードはポイントが貯まるところも良いですね。

昭和シェル石油と合併する計画を持っている

出光興産は現在、昭和シェル石油と合併する方向で検討作業を進めています。

合併する理由は、日本国内でガソリンなど石油関連製品に対する需要が減少する傾向にあるため、両社が合併して財務体質を強化したり、競争力を強化したほうが良いからとのことです。

これに対して、出光興産の創業家一族が合併に反対しており、現在、出光興産の経営陣と創業家一族との間で交渉が行われています。

私は出光のガソリンスタンドを利用していますので、仮に出光の名前が無くなってしまうのだとしたら合併は残念です。

しかし、高度な経営判断として従業員の雇用を守るための判断だとしたら、私は出光の経営陣の判断を尊重したいと思います。

それにしても、ひと昔前はガソリン関係の事業はかなり安定しているイメージがありましたが、時代の流れで、業界は変わってくるものですね。

コピーライターに憧れていた頃

そして私は学生時代に、「コピーライター」という仕事に興味を持ったことがあります。

インパクトのある短い言葉で宣伝効果を狙う、というところにかっこ良さを感じました。

あとは、そういう言葉を簡単に生み出す能力さえあれば、「楽そう」というイメージがあったからからかもしれません。

そんな時にテレビで見たコマーシャルで気になる言葉がありました。

それは出光のコマーシャルで、「アイからユーへ」というものです。

「アイからユーへ」というと、「私からあなたへ」という意味だとすぐに気付くと思います。

実はそれが出光をアルファベットで書いた場合の、最初の文字と最後の文字でもあるのです。

「よくそんなことに気付いたな~!」という感心と、オシャレなイメージでとても感動した記憶があります。

結局コピーライターにはなれませんでしたが、今でもそういうオシャレなフレーズを聞くとテンションが上がります。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

出光佐三語録 [ 木本正次 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2016/8/18時点)

コメントは受け付けていません。