スポンサードリンク


日立の修理について

日立の魅力と国内シェア

日立は、公共交通サービスや医療機器、家電製品など幅広く展開している企業です。

家電製品の売り上げのシェアでは、日本国内トップとなっているので、人気の高さが分かりますね。

特に日立の冷蔵庫については、他のブランドとは違う技術を取り入れたり、デザインについても、シンプルで高級感を感じさせますよね。

広告についても、人気アイドルグループの嵐を起用するなど、ブランドイメージはかなり良いと思います。

スポンサードリンク

また電子レンジやエアコン、洗濯機でも国内シェアが高いので、日本の家電業界をリードしている印象ですね。

全自動洗濯機ビートウォッシュ

持っていた日立の家電で特に気に入っているのは、全自動洗濯機ビートウォッシュです。

縦型の洗濯機の中で一番良かったのが、日立のビートウォッシュでしたね。

洗濯機の底の形状により叩き洗いともみ洗いとが可能で、洗濯物の汚れの落ち方も良いように感じました。

今の主流はドラム式の洗濯機であるかもしれませんが、日立さんにはこのビートウォッシュをつくり続けてほしいと思います。

この高性能な縦型洗濯機は日立さんにしか作れないと思いますね。

また最近は、ドラムタイプの洗濯機も評判がよいようです。

家電量販店の洗濯機コーナーに行けば分かりますが、パナソニックか日立の製品が非常に多く、
特にドラムタイプのバリエーションの多さに気づくと思われます。

日立のドラムタイプは他社にはない層洗浄が付いていたりしますので、メーカーとして意欲的に取り組んでいることが分かりますよ。

日立の修理について

電気製品が壊れた場合、メーカー依頼の修理をお願いしますが、パナソニック、東芝、日立と3社の対応に差があります。

パナソニックが最も敏速対応してくれるようですね。

業界人の話によると、他のメーカーよりも関連従業員数が多く、敏速対応できるだけの企業の体力があるとのことでした。

しかしパナソニック製品は、3社の中で故障率が最も高いとも言えるようです。

東芝、日立の故障率は同じ位ですが、日立の洗濯機については一部、壊れやすいという情報もあります。

東芝は保証内なら無料で修理までしてくれますし、対応も良かったです。

日立ですが、私の友人の話しでは、修理依頼をすると見積もりをするためにまず訪問したいと言われ、この訪問料だけで1万円近く取られるようです。

修理を依頼すれば、保証が切れていれば修理代が追加されます。

この為、日立製品を使用している方が「次は日立以外にしよう」と思ってしまうのです。

日立ファンも多いと思いますので、メンテ系を改善して欲しいと願っております。

コメントは受け付けていません。