スポンサードリンク


日本の商品街ではJCB有利かも

JCBは国際的に使用できるカード

JCBはその名称のごとく、日本クレジットビューローという日本の会社が発行して、その頭文字を取った名称のカードです。

ちなみに現在は、日本クレジットビューローからJCBに社名自体を変更しています。

JCBという名前はあまりにもメジャーですからね。

よい判断だと思います。

スポンサードリンク

おそらく、カードを持っている日本人でJCBを持っていない人を探すのは難しいのではないでしょうか?

それくらいメジャーすぎるブランドですよね。

JCBとAmericanExpress、実は提携している

そして実は、JCBとAmericanExpress(アメックス)は提携しているので、お互いの加盟店であれば買い物などの決済ができるんですよ。

なので、海外でアメックスしか使用できないと思っても、JCBがあれば大丈夫なんです。

ただ、そのことを店員さんが知らずに受けてくれないことがまれにあるので(笑)、しっかり説明して、教えてあげましょうね。

海外でJCBラウンジを活用

JCBは国際的に使えるカードで、日本人が大好きなハワイなどでも普通に使用可能です。

そして海外では、JCBラウンジというのを用意してくれていて、そこでは日本語で色々と相談できたり、無料でインターネットを使用したりすることができます。

私のように、日本語しかしゃべれない日本人には、とてもありがたいですね。

以外と海外では、あたふたしてしまいますので(笑)

海外でJCBが使えないところもある

ただし、JCBは日本発の会社ということもあって、海外の、特に日本人があまりいかないようなところでは、使えない場合もあります。

なので、これは皆さん当たり前だと思いますが、JCBと合わせて、それ以外の会社のカード両方を海外には持っていきたいですね。

備えあれば患いなしです。

日本の商品街ではJCB有利かも

しかし逆に、日本ではJCB有利と言えるところが多いです。

というのも、日本の地方の小さめの商店街でもJCBだけは使える、なんところは意外とありますからね。

私は旅行で、けっこう田舎の温泉によく行くのですが、その辺りの商店街でも、けっこうJCBが使えることは多いです。

なので、日本にいる時は、JCBを持っていればまあ間違いないでしょう。

ハワイにはJCB提示で無料になるバスがある

そして、家族でハワイに行った時の思い出のひとつとして、風を感じながら街中を走ったトロリーバスがあるのですが、その中には、JCBカードを提示することによって、無料で乗れるものもあるんですよ。

さすがに無料なので、アラモアナショッピングセンターに行くときなどは、けっこう混んでいた時もありましたが、やはり無料はありがたいですよね。

やはりハワイは日本人が大好きですし、実際に旅行に行く人も多いので、JCBもがんばってくれていますね!

 

コメントは受け付けていません。