スポンサードリンク


初デートは山手線2周

山手線は時代の最先端を行っている

山手線はJR東日本の路線であり、東京の中心地域を環状に走り、多くの人々を運んでいます。

そんな山手線は、時代の最先端をいっている路線であるとも言えます。

この度山手線に、新型車両が走り始めました。

e235系という車両で、現在この車両が走っているのは山手線のみです。

スポンサードリンク

しかしいずれは、このe235系の車両が他の路線にも走る事になるはずです。

というのも、これまでの首都圏のJRの路線を見ていると、まず初めに山手線で新型車両が走り、その後に他の路線に投入されると言う歴史を歩んでいます。

ですから山手線は、時代を先取りしていると言っても過言ではありません。

山手線は新駅が新設される計画もあり、今後も首都圏の鉄道のけん引役的存在をしていくと思われます。

山手線は、それこそ世界に誇れる路線といってもよいでしょうね!

恵比寿駅で聞いたエビスビールの音楽

人生で一番多く山手線を利用したのは、就職活動をしていた時期でした。

私はなるべく都心では働きたくなかったのですが、たいていの会社が本社を置いている都内で採用活動を行っています。

そんななか、駅でぼんやりしている時に突然癒された瞬間がありました。

それは恵比寿駅のホームに立っていた時です。

思いがけずエビスビールの音楽が流れて、ハッとしました。

ちょっとビックリして「そっか、ここは恵比寿駅か」と納得した覚えがあります。

その時なんとなくJRの遊び心みたいなものを感じました。

そして、「働くのってきっと大変なことばかりじゃないな。JRの人はこのホームでこの音楽を流すって話をした時、楽しかっただろうな」と思いました。

ホームで流れた音楽が、就職活動に疲れていた私を癒してくれたことに感謝しています。

初デートは山手線2周

そしてある日、はしのえみさんの「山手線」に関する思い出をテレビで見て、親近感が湧きました。

というのは、はしのえみさんが学生の頃、初めて付き合うことになった彼氏との話です。

2人の初デートが「山手線2周」だったそうなのです。

行先は無いけど、2人で過ごす時間を大切にしている気持ちにとても好感が持てましたね。

20歳を過ぎると、もうそんなにピュアなデートはあり得ないと思います。

提案したところで相手から「それの何が楽しいの?」と反対されそうな気がします(笑)

私はもう結婚しているので、もうそれを真似するチャンスはありませんが、そういうデートを楽しめるピュアな気持ちは持ち続けていたいですね。

こういう話しを聞くと、山手線に乗りたくなってきますね!

コメントは受け付けていません。