スポンサードリンク


歯磨きにはライオン製品を使っている

ライオンについて

ライオンは、歯磨き用品や石鹸、洗剤などを作っている会社になります。

クリニカやトップ、キレイキレイシリーズなどのブランドがあり、東京都墨田区に本社があります。

東証一部に上場している大企業ですね。

またライオンというと、様々なテレビ番組のスポンサーになっているイメージがありますね。

スポンサードリンク

番組は終わってしまったが、フジテレビ系列で放送されていた、「ライオンのごきげんよう」で、企業キャラクターであるライオンちゃんが出演していたのがとても強く印象に残っています。

また私は、ライオンの株式も所有しています。

株主優待で、ライオンの製品がもらえるのが魅力で購入してみました。

日々の生活に必要なものを作っている会社で親近感があるというのも、株を所有した理由の一つでもあります。

歯磨きにはライオン製品を使っている

そんなこともあり、私はライオンの歯磨き粉を長年使用しています。

そして通院している歯科クリニックの歯科医から、フッ素の入った歯磨き粉を使用したほうが良いと勧められて、ライオンの歯磨き粉を使用し続けています。

具体的には、クリニカを5年くらい使い続けていると思います。

いつも、インターネットのショッピングサイトでクリニカを買っているのですが、たまにポイントが10倍つくことがあります。

そういうときは、2本まとめ買いをしておきます。

またライオンの製品でいつも買う製品としては、他にデンタルフロスもあります。

やはり歯磨きだけでは、歯と歯の間にはさまった食べ物を取り除くことは難しいので、デンタルフロスはとても便利です。

歯科医からも、しっかりデンタルフロスを使うようにと指導を受けています。

株価が3倍になった

そしてライオンは、歯磨き製品では国内トップクラスのシェアを誇る会社ですが、歯磨き製品というのも企業努力で販売数量は増えるらしく、ライオンは2016年に明石工場の生産能力を増強しました。

また主に中国からの観光客が、ライオン製品を大量にお土産として購入しているようです。

日本企業の製品は品質が高く評価されているらしく、中国でも人気が高いようです。

歯磨き関係の製品は、景気とはあまり関係がないような印象を受けますが、ライオンの業績を見ると、そのようなことはなさそうです。

やはり景気が良いときの方が、歯磨き製品も販売数量が増える傾向にあるようです。

そのためか、2012年には株価が400円程度だったのが、2015年後半には株価が1300円近くまで上昇しました。

そのタイミングで、ライオンの株を買っておけばよかったと後悔しています(笑)

コメントは受け付けていません。